エアバス, エアライン, 機体, 解説・コラム — 2014年11月19日 23:35 JST

鳥の羽に近い翼を持つ最新鋭機 写真特集・羽田に舞い降りたエアバスA350

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスの最新鋭旅客機A350 XWBが11月19日午後、羽田空港に到着した。日本航空(JAL/JL、9201)がボーイング777型機の後継機として2019年から導入する機体で、今回はアジアを歴訪するデモ飛行ツアーの一環として、初めて日本にやってきた。(20日に行われた試乗会の記事はこちら

羽田に到着したエアバスA350 XWBの翼端=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 到着したのは標準型となるA350-900の飛行試験5号機(MSN5、登録番号F-WWYB)で、5機ある飛行試験機のうち、客室を装備した2機目の機体。座席数はビジネスクラスが横1列4席で42席、エコノミークラスが横1列9席で223席の合計265席で、運航はエアバスのパイロットが担当する。

 デモツアーは17日から28日までの11日間で、韓国のソウル、羽田、ベトナムのハノイ、タイのバンコク、マレーシアのクアラルンプールを訪問後、仏トゥールーズへ戻る。日本で立ち寄るのは羽田のみ。羽田にはソウルの金浦空港から到着した。日本滞在最終日の21日はハノイへ向かう。

 JALは2013年10月、777の後継機としてA350-900を18機、長胴型のA350-1000を13機の計31機を確定発注。このほかにオプション(仮発注)で25機を購入する最大56機の契約を締結した。運航開始は2019年を予定しており、現在保有する777を6年程度で置き換える。旧日本エアシステム(JAS)が合併前に導入し退役済みのA300を除くと、JALがエアバス機を発注するのは初めて。

 A350は3機種で構成。座席数はメーカー標準仕様で短胴型のA350-800が276席、A350-900が315席、A350-1000が369席で、エンジンは英ロールス・ロイス社製トレントXWBを搭載し、燃費を25%改善する。

 胴体は53%がカーボンファイバー、14%がチタンと軽量化を進めている。フラップの出し方も従来と異なり、鳥の羽に近い形状を取り入れて空力特性を改善している。客室内は高度6000フィート(1829メートル)以下の状態を一定に保て、快適性を向上させた。

 客室幅は5.61メートルで、777の客室幅5.86メートルとほぼ同じ。航続距離も、JALが長距離国際線で使用している777-300ERの1万4490キロメートルに対して、A350-1000は1万5600キロメートルと同水準になっている。ローンチカスタマーであるカタール航空(QTR/QR)には、2014年内に初号機の引き渡しを予定している。

 競合のボーイングは777の後継機として、777Xを開発中。2020年から初号機の引き渡しを始める予定だ。エアバスでは「777Xはベースとなる777が20年以上前の古い飛行機。一方、A350は胴体や主翼、エンジン、素材と、すべての面で新しいものを取り入れている」と、優れている点を説明する。

 20日には、機内の内覧会が開かれる。

*写真は20枚(着陸後の様子はログイン後にご覧いただけます)。

マーシャラーの誘導で停止するエアバスA350 XWB=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に進入するエアバスA350 XWB=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に進入するエアバスA350 XWB=11月19日 PHOTO: Motoyoshi OHMURA/Aviation Wire

羽田に着陸するエアバスA350 XWBを見守るJALの地上係員=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するエアバスA350 XWBを見守るJALの整備士と地上係員=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するエアバスA350 XWB=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するエアバスA350 XWBを見守るJAL社員=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するエアバスA350 XWB=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するエアバスA350 XWB=11月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。