未分類 — 2014年10月5日 23:31 JST

20周年のJALベルスター、CAがハンドベル練習スタート

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 今年も残すところ3カ月となった10月4日、日本航空(JAL/JL、9201)の客室乗務員(CA)有志によるハンドベル演奏チーム「JALベルスター」の2014年メンバーが集まり、第1回目の練習を行った。ベルスターにとって、今年は20周年という節目の年だ。

年末の公演に向けて結成した14年のJALベルスター。(左から)和田さん、木藤さん、伊藤さん、菊地さん、内藤さん、野竹さん、石井さん、佐々木さん=10月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JALでは毎年年末に、ベルスターによるハンドベル演奏を各地で披露している。同社は経営破綻によりCAの採用を一時中断していたが、昨年は3年ぶりに新入社員が参加。20年目の今年は、入社3年目と1年目が1人ずつ、2年目が6人の計8人がハンドベルを披露する。

 昨年に続いて参加する菊地優子さん(入社2年目)は、「20年目の節目なので、感謝の気持ちを込めて演奏したいです」と抱負を語った。菊地さんは昨年ハンドベルを演奏するまで、楽器の演奏経験がなかった。しかし、本番では「誰がベルを鳴らした後が自分なのかなどを覚えていくうちに、ほとんど楽譜を見なくても演奏できました」と、CAのチームワークが演奏にも発揮されたようだ。

 メンバーの中には、小学3年生からハンドベルを演奏している人もいる。和田沙織さん(2年目)だ。幼いころからピアノを習っていた和田さんは、ハンドベルについて「大切なのは気持ちを一つにすることです」と話し、「社員全員の気持ちを代表して、フライトのようにがんばりたいです」と意気込む。

 入社1年目の木藤咲月さんは、入社前からベルスターで演奏したかったと打ち明ける。「入社から半年で、フライトもまだ慣れていません。今回の経験をフライトにも生かしたいです」と、ハンドベルから学ぶチームワークを乗務に生かしたいという。

 3人のほか、伊藤春菜さん(3年目)と石井明里さん(2年目)、佐々木舞子さん(2年目)、内藤扇千さん(2年目)、野竹美里さん(2年目)がハンドベルを披露。20年の伝統を受け継ぎながら、CAとしてのチームワークを演奏に結びつけ、新しいJALファンを生み出したいと、積極的に練習に打ち込む。

 顔合わせと1回目の練習となった4日は、ジングルベルなど2曲を中心に練習や譜面の準備をしたが、最初から息の合った演奏を聞かせてくれた。「昨年は最初からここまで出来ませんでした」と、唯一2年目となる菊地さんも練習を終えて驚いていた。

 ベルスターのメンバーは、本番までに8回の練習を乗務の合間に実施。11月29日と30日の函館を皮切りに、12月13日と14日に名古屋、20日と21日に札幌、23日から25日に東京で公演する。

*写真は10枚(ログイン後に練習風景をご覧いただけます)。

真剣な表情で練習するベルスターのメンバー=10月4日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.