エアライン, 解説・コラム — 2014年7月6日 13:45 JST

「日本人が疑問に感じる部分なくす」新エアアジア・ジャパン小田切CEOに聞く

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアアジア・ジャパンが2015年夏に復活する。前回はANAホールディングス(9202)をパートナーとしたビジネスだが、今回エアアジア・グループは、ネット通販大手の楽天(4755)などと共に日本市場へ再参入する。

日本再参入を表明するエアアジア・ジャパンの小田切CEO=7月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新会社の名称は前回と同じエアアジア・ジャパン。中部空港(セントレア)を拠点に2015年6月の就航を目指す。

 CEO(最高経営責任者)には、旧エアアジア・ジャパンの小田切義憲氏が就任した。出資比率はエアアジアが49%、投資会社オクターヴ・ジャパン インフラストラクチャーファンドが19%、楽天が18%、化粧品会社ノエビアホールディングスが9%、スポーツ専門店アルペンが5%。資本金は70億円を予定している。

 機材はエアバスA320型機(180席)で、当初は2機。エアアジアグループからのリースで、新造機を使用する。2015年末時点では4機体制とし、その後は1年間に5機ずつ増やしていく。

 新生エアアジア・ジャパンの目玉は、将来的な羽田空港への乗り入れ。これまでLCC(低コスト航空会社)は、各都市の第2空港を拠点とするのがビジネスモデルであったが、欧米ではすでに第1空港への乗り入れも始まっており、日本がこの流れに飲み込まれるのは時間の問題だ。

 しかし、旧エアアジア・ジャパン時代、同社のウェブサイトは日本のeコマースのレベルとはほど遠く、航空券を買う段階からして不利だった。そして、十分に機材が揃わないことによる、運航の乱れ。すべてが負の連鎖につながっていたと言っても過言ではなかった。

─ 記事の概要 ─
発表会直前に演出練り直し
トニーは「ひとたらし」
1日3往復6便程度から

 今回は新生エアアジア・ジャパンの小田切CEOに、新会社の計画や将来像を聞いた。そして、なぜ小田切CEOが再びエアアジアの一員として挑戦する気持ちになったのか、エアアジアやトニー・フェルナンデスCEOの魅力も尋ねてみた。

発表会直前に演出練り直し

──久々にフェルナンデスCEOが来日した。

小田切CEO:(自身が在籍していた)ANAとやっているんじゃないんだな、と感じた。7月1日のイベントは当初、極めて普通の式次第でやろうと思っていた。トニー(フェルナンデスCEO)に事前ブリーフィングをすると、12時間前であっても「ここを変えよう。エアアジア風に楽しく、枠を外れた感じでやりたい」と指示があり、一生懸命一晩で考えてゴロゴロッと変えた。

 短時間で考えてボツになったものもあったが、ANAでは直前に式次第を変えることはできなかったと思う。

登壇直後、青いシャツを脱ぎ去るエアアジア・ジャパンの小田切CEO=7月1日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

──旧エアアジア・ジャパン時代を振り返るとどうか。

 小田切CEO:まずトニーの提案で、「こうしろ」というものがあったとする。日本のやり方は総じて、


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。