エアライン, 空港 — 2018年1月12日 08:55 JST

三人寄れば文殊の知恵 ソラシド、文殊仙寺しおりで受験生応援

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ソラシドエア(SNJ/6J)は、進学や就職などで同社便を利用する受験生に、社員が手作りしたオリジナルしおりを1月22日から羽田空港などでプレゼントする。

文殊仙寺で祈祷を受けたソラシドエアの手作りしおり(同社提供)

文殊仙寺で祈祷したしおりを手にするソラシドエアの地上係員(同社提供)

 しおりは学業などの守り仏として親しまれている、大分県国東(くにさき)市の天台宗峨眉山(がびざん)文殊仙寺(もんじゅせんじ)で祈とうしたもの。「がんばれ! 受験生応援プロジェクト」として、空港のカウンター前や搭乗口で配布する。

 文殊仙寺は、「三人寄れば文殊の知恵」で知られる知恵の仏「文殊菩薩」を本尊とする日本三文殊のひとつ。合格祈願などで多くの参拝者が訪れる。

 しおりのデザインは受験生の努力が実を結び、たくさんの花が咲くようにと思いを込め、サクラの花を採り入れた。

 対象は羽田と宮崎、熊本、長崎、鹿児島、大分の各空港で、羽田路線限定で配付する。利用する受験生のほか、家族にも配る。

 応援プロジェクトは今回で7回目。しおりの配布は2月28日までで、なくなり次第終了する。

文殊仙寺で祈祷を受ける手作りしおりとソラシドエアの地上係員(同社提供)

関連リンク
ソラシドエア
天台宗 峨眉山 文殊仙寺

ソラシド、手作りしおりで受験生応援 大分・文殊仙寺で祈とう(17年1月16日)