エアライン, 需要, 需要実績 — 2017年12月22日 06:01 JST

JALの17年11月、国際線利用率82.1% 国内線77.2% オセアニア旅客39.5%増

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)が12月21日に発表した2017年11月利用実績によると、国際線の旅客数は前年同月と比べ4.9%増の71万6988人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は3.0%増の42億6836万2000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は4.7%増の35億259万3000人キロ、ロードファクター(座席利用率、L/F)は1.4ポイント上昇し82.1%だった。

11月の利用率が国際線82.1%、国内線77.2%だったJAL=17年7月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国内線は旅客数が5.3%増の301万4444人、ASKは0.4%増の29億2495万8000座席キロ、RPKは5.5%増の22億5950万7000人キロ、L/Fは3.7ポイント上昇し77.2%となった。

―記事の概要―
国際線
国内線
運航状況

国際線

 国際線の方面別でL/Fが最も高かったのは、ハワイ・グアム線の88.2%(前年同月比2.1ポイント低下)だった。一方、最も低かったのは米大陸線で75.1%(2.8ポイント低下)だった。

 旅客数の伸びが最も大きかったのはオセアニア線で、前年同月と比べ39.5%増の1万8852人だった。落ち込みが大きかったのはハワイ・グアム線で、旅客数は4.4%減の9万3975人にとどまった。

 JALは9月1日に成田-メルボルン線、15日には成田-コナ線の運航を開始した。

国内線

 国内線のうち羽田発着の幹線4路線のL/Fは、那覇線の83.9%(前年同月比5.9ポイント上昇)が最も高く、最低だったのは札幌線で76.5%(1.4ポイント上昇)だった。

 旅客数は伊丹線のみ前年を下回った。3路線のうち最も増加したのは那覇線で、8.9%増の22万7143人だった。伊丹線は0.1%減の22万15人だった。

運航状況

 JALグループ旅客全体の運航状況は、国際線が運航率100.0%(前年同月100.0%)、定時出発率90.7%(90.3%)だった。国内線は運航率99.5%(99.4%)、定時出発率87.6%(91.0%)となった。

関連リンク
日本航空

JALの17年10月、国際線利用率82.3% 国内線76.6% オセアニア旅客40.8%増(17年11月23日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: