エアライン, 空港, 解説・コラム — 2017年12月13日 19:10 JST

ピーチ、釧路-関西8月就航 「ひがし北海道」PR

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は12月13日、関西-釧路線を2018年8月1日に開設すると発表した。1日1往復で、釧路を含む「ひがし北海道」へのLCC就航は初めて。

 運航スケジュールは、釧路行きMM125便が関西を午前9時50分に出発し、午前11時50分着。関西行きMM126便は午後0時30分に釧路を出発し、午後3時に到着する。機材はエアバスA320型機(1クラス180席)を使用する。

両手でモモをかたどった「ピーチポーズ」で釧路就航をアピールする(左2人目から)大空町の山下町長、北見市の辻市長、北海道の高橋知事、ピーチの井上CEO、釧路市の蝦名市長、中標津町の西村町長、ピーチ客室乗務員で北見出身の須藤さん(左)と札幌出身の山門さん(右)=17年12月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
関空経由で訪日客呼び込み
道内路線「潜在需要見極める」

関空経由で訪日客呼び込み

両手でモモをかたどった「ピーチポーズ」で釧路就航をアピールするピーチの井上CEO(中央)と北海道の高橋知事(左)、釧路市の蝦名市長=17年12月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国や北海道では、釧路をはじめ知床地区や富良野地区、十勝川温泉地区などを「ひがし北海道」と称している。世界自然遺産の知床をはじめ4つの国立公園、摩周湖、オホーツクの流氷といった観光資源が豊富なことから、ピーチは釧路就航により、アジアから関空に到着した訪日客の送客をめざす。

 航空券の販売開始は2018年1月下旬予定で、運賃は片道5290円から3万1590円。全日本空輸(ANA/NH)が季節運航する伊丹-釧路線は、片道1万6000円から5万4300円で、最低価格で比較すると、ピーチはANAの3分の1程度の運賃になる。訪日客をひがし北海道へ呼び込むと同時に、値ごろ感で近畿圏とのアクセス改善を目指す。

 ピーチの井上慎一CEO(最高経営責任者)は、「ひがし北海道は知床半島やオホーツクの流氷など、アジアや世界に誇るコンテンツが豊富。北海道命名150年の2018年に、新たなムーブメントが起こる」と述べ、「点ではなく面の広域観光。関空経由で訪日客にも訪れて欲しい。アジアの中での北海道の存在を、さらに際立ったものにしたい」と抱負を語った。

 北海道の高橋はるみ知事は、「大きなはずみとして、ひがし北海道を世界に売り込んでいきたい」と意気込みを述べた。ピーチの釧路就航を契機に交通の便を改善し、観光資源や食のおいしさを、アジアを中心とした世界各地へ売り込みを図る。

 釧路市の蝦名大也市長は、「二次交通を整備し、路線定着に向けて取り組んでいきたい」と語った。

 ピーチは現在、JR北海道と連携している。Peach利用者が、新千歳空港からJR北海道を利用し、富良野や網走、帯広、根室、釧路などひがし北海道を、割引運賃で周遊旅行できるフリー切符「Peachひがし北海道フリーパス」を発売。釧路就航を契機に、JR北海道や地元バス会社などと連携を強化し、鉄道やバスなど空港と都市部を結ぶ「二次交通」の充実を自治体などと目指す。

 釧路空港は、全日本空輸(ANA/NH)が羽田線を1日1往復と、札幌(新千歳)線を1日3往復、伊丹線を季節運航で1日1往復運航。日本航空(JAL/JL、9201)が羽田線を1日2往復と、中部線を季節運航で1日1往復、エア・ドゥ(ADO/HD)が羽田線を1日2往復、北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)が札幌(丘珠)線を1日4往復運航している。

 13日に北海道庁赤レンガ庁舎で開かれた会見には、高橋知事や蝦名市長のほか、北見市の辻直孝市長、大空町の山下英二町長、中標津町の西村穣町長も出席。ひがし北海道の魅力をアピールした。

 ピーチの客室乗務員も、北海道ゆかりの2人が出席。札幌市出身で札幌育ちの山門由香梨さんと、北見市出身で釧路育ちの須藤紗菜さんの2人が華を添えた。

道内路線「潜在需要見極める」

釧路就航や新千歳の拠点化について説明するピーチの井上CEO=17年12月13日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ピーチは1日にA320の20号機(登録番号JA820P)を受領。すでに路線に投入し、20機体制となった。2018年度には、さらに3機を受領予定で、2019年度以降は低燃費・低騒音を売りとする新型エンジンを搭載した、A320neoの導入を予定している。

 路線網については、就航6周年を迎える2018年3月1日に関西-新潟線を新設。新潟空港へのLCC乗り入れは初めて。関空からの新潟路線は約18年ぶりとなる。

 2018年度には、新千歳を第4拠点化する計画を進めている。本拠地の関空、2014年7月19日に第2拠点化した那覇、今年9月24日に第3拠点化した仙台に続くもので、新千歳発着の国内線と国際線に加え、道内路線の就航を目指す。

 新千歳の拠点化時期について、井上CEOは「まだ決まっていない」と説明。道内路線については、「潜在需要を見極めてから」として、関西-釧路線就航で潜在需要がどのように顕在化するかで判断するという。

予定運航スケジュール(8月1日から10月27日)
MM125 関西(09:50)→釧路(11:50)
MM126 釧路(12:30)→関西(15:00)

関連リンク
ピーチ・アビエーション
たんちょう釧路空港
『プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

北海道関連
ピーチ、札幌3路線就航 18年度の拠点化前進(17年9月24日)
ピーチ、仙台-札幌就航 第3拠点化、井上CEO「路線拡大する」(17年9月24日)
ピーチ、札幌3路線9月開設 仙台・福岡・台北、井上CEO「北海道を玄関口に」(17年5月18日)
ピーチ、新千歳を第4拠点化へ 18年度、道内路線や国際線開設(16年10月20日)

ピーチ関連
ピーチ、20機目のA320受領 関空に到着、初便は石垣線(17年12月8日)
ピーチ、新潟18年3月就航へ 初のLCC、井上CEO「上信越ポテンシャルある」(17年10月31日)
ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に(17年10月19日)