解説・コラム — 2017年8月13日 10:30 JST

次期大統領専用機に747-8新古機が1位 先週の注目記事17年8月6日-12日

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 8月6日から12日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、米空軍が次期大統領専用機の改修母機として、ボーイング747-8型の新古機購入した記事でした。

次期大統領専用機に採用される747-8=11年3月 PHOTO: Ed Turner/Boeing

 米空軍は4日、次期大統領専用機についてボーイングと2機の747-8を改修する契約を締結。2019年に機体改修を開始し、2024年には初期運用能力を獲得できる見通しです。2015年に破綻したロシアのトランスアエロ航空が発注したものの、引き渡されずボーイングが保管していた2機を改修することになりました。

 7月末時点でのボーイングの納入実績


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: