エアバス, エアライン, 機体 — 2017年7月14日 11:14 JST

デルタ航空、A350初受領 10月から成田-デトロイト、ビジネスはドア付き個室

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間7月13日、デルタ航空(DAL/DL)にA350-900の同社向け初号機(登録番号N501DN、機体番号3501)を引き渡したと発表した。1路線目はデトロイト-成田線で、10月30日のデトロイト発便が初便となる。

デルタ航空のA350-900初号機=17年6月 PHOTO: A. Doumenjou, Master Films/Airbus

デルタ航空がA350に導入する個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」のイメージ(同社提供)

 デルタは2014年11月、A350のうち標準型となるA350-900を25機発注。座席数は3クラス306席で、ビジネス32席、プレミアムエコノミー48席、エコノミー226席となる。今回受領した機体は、年内に引き渡される5機のうち最初の機体で、米国の航空会社では初のA350受領となった。

 ビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」には、世界初となるスライド式ドアを設け、個室空間を用意。全席通路アクセス可能なフルフラットシートで、個人用モニターは18インチのものを採用する。

 プレミアムエコノミー「デルタ・プレミアム」は、A350で初めて設定。シートピッチは最大38インチ(約96.5センチ)、シート幅は最大19インチ(約48.3センチ)、リクライニングは最大7インチ(約17.8センチ)で、個人用モニターは13.3インチとなる。

 デルタは長距離国際線に投入している747-400や一部の777の後継機として、A350-900をアジア路線に導入。747は年内の退役を計画している。

 A350は13日現在、世界の45顧客から847機を受注している。

デルタ航空のA350-900初号機=17年6月 PHOTO: A. Doumenjou, Master Films/Airbus

関連リンク
デルタ航空

デルタのA350
デルタ航空のA350、成田へ10月就航 ビジネスはドア付き個室(17年6月23日)
デルタ航空、A350にプレミアムエコノミー 17年後半(16年11月7日)
デルタ航空、A350を日本早期投入 ドア付き個室の新ビジネス(16年10月20日)
デルタ航空、個室タイプのビジネス A350に17年秋(16年8月23日)
デルタ航空、A350とA330neoを25機ずつ発注 747など後継(14年11月21日)

747
デルタ航空、747-400初号機公開 アトランタの航空博物館(17年3月29日)
デルタ航空の747、17年までに退役へ(14年10月21日)

A350
A350-1000試験機の機内と飛行展示 写真特集・パリ航空ショー2017(2)(17年7月13日)
JAL、大型機はA350のみ 植木社長「効率落ちる」(17年7月12日)
JAL、国内線からA350導入 19年度から777置き換え(17年4月28日)
エアバス、A350短胴型中止へ 777のシェア奪取へ(16年6月1日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.