エアライン, 需要, 需要実績 — 2017年1月5日 19:50 JST

国際線利用率、8割超 国内LCC利用客、大雪で減 年末年始の利用実績

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)やスカイマーク(SKY/BC)など航空各社は1月5日、年末年始の利用実績を発表した。対象期間は12月22日から2017年1月3日までの13日間。

 11社の発表値を合計すると、旅客数は国際線が前年同期比12.0%増の86万6800人で、国内線は7.5%増の400万2628人。提供座席数は国際線が7.8%増の100万3990席で、国内線は0.8%減の514万3131席となった。11社平均のロードファクター(座席利用率、L/F)は国際線が3.3ポイント上昇し86.3%、国内線は6.1ポイント上昇し77.8%だった。

 旅客数を見ると、国際線はJALが微減となったものの、ANAは前年を上回った。LCC各社は2016年に国際線の新規就航が相次ぎ、各社とも前年を大きく上回った。国内線はフルサービス航空会社(FSC)では前年を上回った。LCCでは、12月22日に北海道で降った大雪の影響により欠航し、提供座席数が減少。下回っているところが目立った。

 出発のピークは各社異なるが、下りは12月29日、上りは1月3日となった。

 全日本空輸(ANA/NH)とフジドリームエアラインズ(FDA/JH)は、1月4日に発表済み。

*発表済みの2社の実績は、こちらからもどうぞ。

航空各社が発表した年末年始の利用実績(各社の発表資料からAviation Wire作成。ANAとFDAは1月4日掲載分から変更はありません)

ANA

11社全体でL/Fが86.3%となった国際線=16年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAの旅客数は国際線が前年比


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。