未分類 — 2016年11月17日 08:50 JST

JAL、ボジョレー・ヌーボー羽田で解禁 機内やラウンジで提供

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボジョレー・ヌーヴォー(ボージョレ・ヌーボー)が解禁となった11月17日午前0時、日本航空(JAL/JL、9201)は、羽田空港の国際線ファーストクラスラウンジで出発を待つ乗客に、特製パンとともに提供した。また、羽田を午前1時30分に出発するホーチミン行きJL79便の乗客にも、112番搭乗口前でボジョレー・ヌーボーが振る舞われた。搭乗口前での提供は昨年に続き2回目となった。

羽田国際線ターミナルの112番搭乗口前でボジョレー・ヌーボーをグラスにそそぐJALの地上係員=16年11月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 提供したボジョレー・ヌーボーは、1882年創業の名門ピエール・フェロー社のもの。大量生産せず、各工程に時間をかけるなど評価が高く、フランス国内の1500軒以上のレストランで選ばれ、世界40カ国以上で親しまれているという。

 羽田のファーストクラスラウンジでは、ボジョレー・ヌーボーとともに高級パンを手がけるメゾンカイザーによるオリジナルの特製パン「PAIN AU BEAUJOLAIS (パン・オ・ボージョレー)」も提供。パンの製造工程で、水の代わりにボジョレー・ヌーヴォーを使用しており、生地が淡いピンク色となっている。

 ボジョレー・ヌーボーは、仏中部のブルゴーニュ地方・ボージョレ地区で作られる赤ワインで、毎年11月第3木曜日に解禁される。JALでは毎年、解禁日に主要空港のラウンジや、国際線ファーストクラスとビジネスクラスの機内で、ボジョレー・ヌーボーを提供している。羽田のファーストクラスラウンジでは、17日午前0時の解禁とともにボジョレー・ヌーボーが用意され、出発を待つ乗客に地上係員が勧めていた。

 昨年に続き搭乗口前でも乗客に振る舞った。羽田国際線ターミナル112番搭乗口前では、入社1年目と2年目の地上係員が、ホーチミン行きJL79便の乗客や空港内を行き交う人たちに、解禁されたばかりのボジョレー・ヌーボーを勧めた。

 JALではホーチミン行きをはじめ、17日の解禁日限定で国際線ファーストクラスとビジネスクラスの機内や、国内主要空港ラウンジでボジョレー・ヌーボーを提供する。

 対象路線は、日本とシカゴ、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、ダラス・フォートワース、バンクーバー、 サンフランシスコ、ホノルル、ロンドン、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シドニー、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、デリー、マニラ、ハノイ、ホーチミン、バンコク、香港を結ぶ各路線。往復で提供する。

 ラウンジでは、羽田(国際線/国内線)と成田(国際線)、関西(国際線/国内線)、伊丹、中部(国際線)、福岡(国内線)、新千歳(国内線)の7空港で提供する。

 オリジナルパンも、ボジョレー・ヌーボーを機内提供する路線のうち、羽田と成田を出発する便のビジネスクラスで提供。ラウンジでは羽田の国際線ファースト、国内線ダイヤモンド・プレミア、成田の国際線ファーストの各ラウンジで提供する。なくなり次第終了。

 JALによると、今年のボジョレー・ヌーボーは「酸ときれいな果実味で、味わいの深さのバランスが素晴らしく、繊細でエレガントな味わい」と評価されているという。

JALが羽田の国際線ファーストクラスラウンジで解禁と同時に提供したボジョレー・ヌーボーと特製パン=16年11月17日午前0時すぎ PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

JALが羽田の国際線ファーストクラスラウンジで解禁と同時に提供したボジョレー・ヌーボーを使ったメゾンカイザーの特製パン=16年11月17日午前0時すぎ PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田国際線ターミナルの112番搭乗口前でボジョレー・ヌーボーを振る舞うJALの地上係員=16年11月17日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
日本航空
ピエール・フェロー(JALUX)

ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3.2トン着 ANA便で(16年10月29日)
JAL、ボジョレー・ヌーボー羽田で解禁 ラウンジや搭乗口で振る舞う(15年11月19日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.