空港 — 2024年3月19日 16:50 JST

中部空港、T2出発前に気分静めるスペース 障がい者向け、3/26から

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社(CJIAC)は、障がい者が出発前に気持ちを落ち着かせる「カームダウン・クールダウンスペース」を、LCC専用の第2ターミナル(T2)にも設置する。自閉症者などが出発前にパニック状態になった場合、他者からの視線が遮られた場所で気分を静めてから出発できるようにするスペースで、3月26日から国内線と国際線に1カ所ずつ設ける。

中部空港のT2国際線制限エリアに設ける「カームダウン・クールダウンスペース」(中部国際空港会社提供)

 いずれも保安検査通過後の制限エリアに設置する。国際線の同スペースは幅2メートル、奥行き2.4メートル、高さ2メートルで、車いす用のスペースも確保する。国内線は2.4メートル、奥行き1.8メートル、高さ1.8メートルで、同行者が付き添えるよう、個室内を2分割する作りとした。

 今回設置するカームダウン・クールダウンスペースは、2カ所とも岐阜県産の木材を使用。利用者が安心して利用できるよう、ぬくもりのある作りに仕上げた。いずれも予約不要で、無料で利用できる。岐阜県立森林文化アカデミーのワークショップで提案されたものをベースとし、製造は飛騨産業(岐阜・高山市)が手掛けた。

 中部空港の同スペースは、第1ターミナル(T1)を含め4カ所となる。T1にもT2同様に制限エリアに設け、国内線には2022年3月に、国際線には2023年2月に設置した。

中部空港のT2国際線制限エリアに設ける「カームダウン・クールダウンスペース」の内観(中部国際空港会社提供)

中部空港のT2国内線制限エリアに設ける「カームダウン・クールダウンスペース」(中部国際空港会社提供)

中部空港のT2国内線制限エリアに設ける「カームダウン・クールダウンスペース」の内観(中部国際空港会社提供)

関連リンク
第2ターミナル(セントレア)
中部国際空港 セントレア

中部空港、LUXURY FLIGHTが航空グッズ専門店 ボーイングストア跡地に出店(23年12月9日)
中部空港、手荷物受取場でデカ食品サンプル ターンテーブルで名古屋めしPR(23年11月28日)
中部空港、LCCターミナル連絡バス継続 5月から10万人利用(23年9月26日)
中部空港、LCCターミナル供用開始 初便は発着ともジェットスター(19年9月20日)
T2床面には消費カロリー、T1との別れを惜しむ地上係員 写真特集・中部LCCターミナル公開(19年9月19日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post