エアバス, エアライン, 企業, 機体 — 2021年6月11日 12:05 JST

スペイン新興、A350を2機導入 ワールド2フライ、カリブ海へ観光路線

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは、スペイン新興航空会社のワールド2フライ(WFL/2W)がA350-900型機を2機導入したと現地時間6月9日に発表した。2機とも航空機リース会社エアリース・コーポレーション(ALC)からのリース機で、カリブ海への観光路線に投入する。

ワールド2フライのA350-900=PHOTO: P. Pigeyre, master films/Airbus

 ワールド2フライのA350は1クラス432席。マドリードからハバナ(キューバ)とカンクン(メキシコ)、プンタカナ(ドミニカ)への観光路線を運航する。

 同社はスペインでホテルを経営するイベロスター(Iberostar)が立ち上げた。今回就航するカリブ海3地域では、イベロスターがホテルを所有している。

ワールド2フライのA350-900=PHOTO: P. Pigeyre, master films/Airbus

関連リンク
World2fly
Iberostar
Airbus

スペインのエヴェロップ、A350初号機受領(19年4月4日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post