エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2020年11月6日 14:34 JST

ANA、バイオ燃料で定期便運航開始 CO2を9割削減

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は11月6日、廃食油や動植物油脂を原料とする「SAF(Sustainable Aviation Fuel:持続可能な航空燃料)」を使った定期便の運航を始めた。国内の航空会社による日本発の定期便では初の取り組みで、フィンランドに本社を置くNESTE(ネステ)社のSAFを給油したヒューストン行きNH114便のボーイング787-9型機(登録記号JA892A)が乗客29人(幼児1人含む)を乗せ、羽田を午前10時25分に出発した。

国内航空会社では初めてSAFを使用した日本発の定期便の運航を始めたANA=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 SAFは従来「バイオ燃料」と呼ばれていたもの。これまでの植物油などに加え、さまざまな原料から製造されるようになり、IATA(国際航空運送協会)が呼称を改めた。ANAはSAFの調達について、NESTEと10月に提携。輸入や品質管理、空港への搬入までのサプライチェーンを伊藤忠商事(8001)と3社で構築した。

 NESTEのSAFは、航空機やエンジンメーカーが定めるジェット燃料の国際規格「ASTM D1655」と英国国防省の防衛規格「DEF STAN 91-091」を満たすもので、輸入段階でのジェット燃料との混合比率は30-40%。通常のジェット燃料と同じ設備で運用でき、給油量も従来と変わらない。6日のNH114便には予備燃料も含め、タンクローリー4台分にあたる約7万7000リットルが給油された。

 羽田空港は、成田や関空、伊丹など他の主要空港と同じく「ハイドラントシステム」と呼ばれる埋設型の給油施設が整備されている。羽田では三愛石油(8097)の施設からジェット燃料が駐機場へ圧送され、「サービサー」と呼ばれる車両を介して航空機に給油される。1分間に2500リットル給油でき、6日のNH114便は30分強で満タンになった。

羽田空港でANAの787にSAFを給油するホースをつなげる三愛石油のスタッフ=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

SAFのイラストが掲げられた三愛石油のサービサー=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 今回ANAが調達したNESTEのSAFは、ジェット燃料と混合した状態で約5500トン。欧州からタンカーを使い10月24日に羽田空港、28日に成田空港へ約2750トンずつ到着した。国際的な第三者認証機関ISCCによるライフサイクル評価で、原油の採掘や日本までの輸送を含め、既存のジェット燃料使用時と比べて約90%の二酸化炭素(CO2)削減効果が証明されているという。

 ANAは、2050年までに航空機の運航で発生するCO2排出量を、2005年比で50%削減することを目標に掲げている。2019年には、排ガスを原料とするSAFの調達について米LanzaTech(ランザテック)と契約を結んでおり、同年11月にボーイング777-300ER型機の新造機(登録記号JA797A)を受領した際、ワシントン州シアトル近郊にあるボーイングのエバレット工場から羽田へのデリバリーフライトに使用している。

 ANAによると、現在のSAFの生産規模は流通するジェット燃料全体の0.02%程度に過ぎないといい、航空会社側は安定的にSAFを確保するのが課題だ。ANAは、LanzaTechのSAFを2022年初頭から使用する予定で、オランダのロッテルダムから輸入しているNESTEのSAFは、同社のシンガポール製油所で生産されるものに2023年以降切り替え、アジア域内での安定供給を目指す。

*写真は14枚。

羽田空港でSAFを給油したヒューストン行きNH114便を横断幕を掲げて見送るANAの地上係員とグラハンスタッフら=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でSAFの給油を受ける準備が進むANAの787=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でオートサンプラーを使いSAFをチェックする三愛石油のスタッフ=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でオートサンプラーを使いSAFをチェックする三愛石油のスタッフ=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でSAFの給油を受けるANAの787=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

国内航空会社では初めてSAFを使用した日本発の定期便の運航を始めたANA=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でSAFの給油を受けるANAの787=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でSAFを給油したヒューストン行きNH114便を横断幕を掲げて見送るANAの地上係員とグラハンスタッフら=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でSAFを給油したヒューストン行きNH114便を横断幕を掲げて見送るANAの地上係員とグラハンスタッフら=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でSAFを給油したヒューストン行きNH114便を横断幕を掲げて見送るANAの地上係員とグラハンスタッフら=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を出発するヒューストン行きNH114便=20年11月6日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
全日本空輸
NESTE
三愛石油

ANAの777、排ガス由来燃料でデリバリーフライト エバレットから羽田(19年11月13日)
ユーグレナ出雲社長「日本はバイオ燃料後進国」 実証プラント竣工、ミドリムシで有償フライト実現へ(18年11月5日)
ユーグレナとANA、20年までに国産バイオ燃料 ミドリムシで飛行機飛ばす(15年12月2日)
「まだ実験レベル」のバイオ燃料、その現状は? ANA担当者に聞く(12年6月18日)