エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2020年10月16日 11:59 JST

ZIPAIR、成田-ソウル旅客便就航 初便乗客は2人

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)の100%子会社で中長距離国際線LCCのZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)は10月16日、成田-ソウル(仁川)線の旅客便運航を開始した。火曜と金曜の週2往復を運航し、現在週5往復運航する貨物便も継続する。同社初の旅客便の乗客は2人だった。

成田出発を放水アーチで見送られるZIPAIRのソウル行き旅客便初便=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
冬ダイヤからは週3往復
西田社長、社員に謝意
ホノルル就航も計画

冬ダイヤからは週3往復

 運航スケジュールは、10月24日までの夏ダイヤ期間は、ソウル行きZG41便は成田を午前9時15分に出発し、午前11時50分着。成田行きZG42便は午後1時30分にソウルを出発し、午後3時55分に到着する。25日からの冬ダイヤでは、ソウル行きZG41便は成田を午前8時40分に出発し、午前11時15分に着く。成田行きZG42便は午後0時40分にソウルを出発し、午後3時5分に到着する。冬ダイヤからは日曜発着を増便し、週3往復を運航する。

 機材はボーイング787-8型機で、座席数は2クラス290席、フルフラットシートを採用したビジネスクラスにあたる「ZIP Full-Flat(ジップ・フルフラット)」が18席、エコノミークラス「Standard(スタンダード)」が272席となる。

 初便となったソウル行きZG41便(787-8、登録記号JA825J)は2人(うち幼児0人)が利用。パイロット2人、客室乗務員8人の計10人で運航した。成田空港第1ターミナル(T1)の21番駐機場を定刻通りの午前9時15分に出発し、A滑走路(RWY34L)を同32分に離陸した。乗客は日本人の男性と韓国人の女性で、いずれもZIP Full-Flatを利用した。

 初便の乗客にはストラップやチョコレート、金属製のストローなどのグッズを手渡した。乗客の1人は、西田社長やZIPAIRの地上係員らのほか、就航セレモニーに訪れたJALの植木義晴会長と記念撮影した後、ソウル行きの初便に乗り込んだ。

ZIPAIR旅客便初便の乗客(左から5人目)との記念撮影に応じるJALの植木会長(左から4人目)ら=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

西田社長、社員に謝意

 ZIPAIRは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、5月14日に最初の路線として就航予定だった成田-バンコク線の旅客便を延期。同路線は6月3日から貨物専用便を運航するなど、当初の計画からは大きく差異が生じている。

社員に謝意を示すZIPAIRの西田社長=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 ソウル行き旅客便初便の出発前にT1北ウイング4階で開催した就航セレモニーで、ZIPAIRの西田真吾社長は、「2018年の会社設立から社員の募集、訓練までは順調だった」と振り返り、「(コロナにより)第4コーナを回ったところで困難に直面した」と表現。「厳しい時期を社員がいっしょに乗り越えてくれた」と社員に謝意を示し、訓練を積んできた社員に注目してもらいたいとした。

 式典に参加した国土交通省成田空港事務所の鈴木英治所長は、ZIPの旅客便就航について「日本の航空業界を元気付けた」と評価。成田国際空港(NAA)の田村明比古社長は「新しいスタイルの航空会社が登場することは、お客さまは選択肢が増えた」と述べ、就航を歓迎するとした。

ホノルル就航も計画

 ZIPAIRは成田を拠点とし、バンコクとソウルの2路線を運航している。ソウル線も新型コロナの影響により、週5往復の貨物専用便で9月12日に開設した。当初は7月1日から旅客便として開設する予定だったが、バンコク線同様、貨物便での開設となった。旅客便は当初1日1往復を計画していたが、韓国側の防疫態勢により、週2往復での開設となった。同路線の貨物便は月曜と金曜を除く週5往復で、旅客便を合わせると月曜以外の週6往復を運航することになる。

 このほか、10月25日から始まる冬ダイヤ期間では、成田-ホノルル線も就航を予定している。同社の787は、エンジンが1基停止しても洋上飛行が一定時間可能な航空当局の認証「ETOPS(イートップス)」を取得したことから、目標とする米国本土乗り入れに向けて計画が進み出した。

ZIPAIRの旅客便初便となるソウル行きZG41便を示す成田空港の出発案内=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

成田空港T1のDカウンターで出発手続き準備をするZIPAIRの地上係員=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ZIPAIRの旅客便初便に乗務するパイロット(両端)と客室乗務員=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

就航セレモニーに参加する(左2人目から)国交省成田空港事務所の鈴木所長、ZIPAIRの西田社長、NAAの田村社長。両端はZIPAIRの客室乗務員=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ZIPAIR旅客便初便の乗客(中央)を見送る西田社長ら=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ZIPAIR旅客便初便の乗客(中央)に頭を下げる西田社長ら=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

2機並んだZIPAIRの787-8=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

成田空港を出発するZIPAIRのソウル行き旅客便初便=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

成田出発を放水アーチで見送られるZIPAIRのソウル行き旅客便初便=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

ZIPAIRのソウル行き旅客便初便の乗客にプレゼントした記念品=20年10月16日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

運航スケジュール
10月23日まで
ZG41 成田(09:15)→ソウル(11:50)運航日:火金
ZG42 ソウル(13:30)→成田(15:55)運航日:火金

10月27日以降
ZG41 成田(08:40)→ソウル(11:15)運航日:火金日
ZG42 ソウル(12:40)→成田(15:05)運航日:火金日

関連リンク
ZIPAIR Tokyo
日本航空

10月8日に就航発表
ZIPAIR、16日に初の旅客便 成田-ソウル、週2往復(20年10月8日)

写真特集・ZIPAIR 787-8の機内
(1)フルフラット上級席ZIP Full-Flatは長時間も快適
(2)個人用モニターなし、タブレット置きと電源完備のレカロ製普通席
(3)LCC初のウォシュレット付きトイレ

ZIPAIR
ZIPAIR、787のETOPS取得 太平洋横断可能、西海岸就航へ前進(20年10月8日)
ZIPAIR、ハワイで国際線ノウハウ蓄積 JAL赤坂社長「市場大きい」(20年10月7日)
ZIPAIR、スマホで機内食注文 機内Wi-Fi活用、LCC初セルフオーダー導入(20年10月2日)
ZIPAIR、CA訓練生ら機内清掃 間もなく旅客便、西田社長も参加(20年9月28日)
ZIPAIR、初の旅客便は成田-ソウル線 10月就航へ(20年9月24日)
ZIPAIR西田社長、ホノルル冬ダイヤ就航堅持 787でハワイへ(20年9月12日)

制服発表
スニーカーで働きやすく 特集・ZIPAIR制服お披露目(19年4月13日)

機内の動画(YouTube Aviation Wireチャンネル
ZIPAIR 787-8 JA822J機内公開 フルフラットシートも

特集・赤坂社長に聞くJALと新型コロナ
前編「国内線回復は2021年」
後編 “二刀流社員”で反転攻勢