解説・コラム — 2020年9月27日 06:40 JST

ANA洗えるマスクが1位 先週の注目記事20年9月20日-26日

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 9月20日から26日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)が11月に発売を予定しているオリジナルマスクの記事でした。

ANAが11月下旬に発売予定の「ウォッシャブルマスク」のイメージイラスト(同社提供)

第1位 ANA、洗えるマスク11月発売へ 空飛ぶウミガメ仕様も

 ANAは、洗濯可能なオリジナルマスク「ウォッシャブルマスク」を通販サイト「ANAショッピング A-style」で11月下旬に発売予定。制菌や抗ウイルスといった機能を持たせたマスクにする予定で、色は白と黒を用意。成田-ホノルル線専用機として導入された総2階建ての超大型機エアバスA380型機にちなんだ「HAWAiiマスク(仮称)」も検討しています。

第2位 JAL、”レディース&ジェントルマン”廃止 10月から機内や空港

 第2位は、日本航空(JAL/JL、9201)が機内や空港のアナウンスで性別を前提とした英語の敬称「レディース&ジェントルマン」を10月から廃止。ジェンダーニュートラル(性的中立性)の考えに基づいて、別の表現に変更します。

第3位 羽田空港、ANA・JALら6社が合同見送り「20年で初めて見た」

 第3位は、26日に羽田空港で実施された国内線が乗り入れる航空会社6社の地上係員(グランドスタッフ)による合同見送り。ANAとJAL、ソラシドエア(SNJ/6J)、スカイマーク(SKY/BC)、エア・ドゥ(ADO/HD)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の6社12人の地上係員が、乗客への感謝の気持ちを伝えるボードを手に見送りました。

 このほか、ANAのA380遊覧飛行第2弾実施、ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)の機材計画、JAL赤坂社長インタビューの先出し記事、エアバスの水素燃料航空機、ボーイング777Xの飛行試験4号機初飛行、ZIPAIR(ジップエア、TZP/ZG)の旅客便就航計画などの記事が読まれました。

1. ANA、洗えるマスク11月発売へ 空飛ぶウミガメ仕様も

2. JAL、”レディース&ジェントルマン”廃止 10月から機内や空港

3. 羽田空港、ANA・JALら6社が合同見送り「20年で初めて見た」

4. ANA”空飛ぶウミガメ”A380、遊覧飛行2回目は緑の2号機 倍率110倍

5. ルフトハンザ、A380とA340運航離脱 全機退役が濃厚

6. JAL赤坂社長、A350国際線導入延期も 次世代旗艦機、路線網は維持

7. 全翼機やプロペラも エアバス、水素燃料旅客機を2035年実現へ

8. 777X、4号機が初飛行 客室テスト用、試験機すべてそろう

9. ZIPAIR、初の旅客便は成田-ソウル線 10月就航へ

10. 4連休初日の羽田空港、2月以来の混雑 ANA井上専務「サステイナブルなものにしていきたい」

先週の注目記事バックナンバー
JAL「レディース&ジェントルマン」廃止が1位 先週の注目記事20年9月13日-19日

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: