エアライン — 2020年6月2日 15:30 JST

ジェットスター・ジャパン、国内線7月以降復便も 6月は15路線運休

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は6月2日、運休している国内15路線について、月内は運休を継続すると発表した。減便している国内8路線も引き続き減便する。成田と中部からのマニラ2路線は、6月30日まで運休する。6月は国内線と国際線の合計で3062便の運航を予定していたが、90.7%にあたる2778便が減便となる。

6月は国内15路線が運休となるジェットスター・ジャパン=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 23路線ある国内線は、8路線のみ運航。成田発着は札幌と関西、福岡、那覇、下地島の5路線、関西発着は札幌と那覇の2路線、中部発着は福岡の1路線で、いずれも減便での運航となる。

 ジェットスターによると、運休している15路線を含めた国内23路線は、7月以降に段階的な復便を目指すという。5月11日は運航便を設定していない関西-高知線は、復便の見込みが立っていない。

 6路線ある国際線は、全便が運休。6月30日までの運休は4路線で、成田-マニラ線と中部-マニラ線のほか、関西-マニラ線と成田-上海(浦東)線も対象となっている。このほか、成田-香港線と成田-台北(桃園)線の2路線は、7月31日までの運休が決まっている。

 同社は国際線の復便について、渡航制限解除など政府の動向を考慮し決定すると説明している。

関連リンク
ジェットスター・ジャパン

ジェットスター・ジャパン、A321LR就航延期 新型コロナで需要減(20年6月2日)
成田空港、LCC合同で見送り ピーチとジェットスター、春秋ら「がんばろうT3プロジェクト」(20年5月31日)
マスク着用は義務?要請? 国内航空会社11社に聞いた(20年5月30日)
ジェットスター・ジャパン、国際線6月は8割減便(20年5月26日)