LCCは奄美に定着したか 居酒屋の大将「明らかに人増えた」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 「バニラエア(VNL/JW)のおかげで、お客さんが増えたよ。足を向けて寝られないよ」。奄美大島にある居酒屋の大将は1年ぶりに来島した記者(私)に向かい、こう言って笑った。

夜は酔っ払いたちが集まる、島の中心部・屋仁川通り=15年11月 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 2014年7月、バニラエアが成田-奄美大島線を開設した。同路線は、ANAホールディングス(9202)が100%出資するバニラエアが、旧エアアジア・ジャパン(WAJ/JW)から会社を引き継いで以来、初の自社開設便だ。機材は同社の他路線と同じ、エアバスA320型機(1クラス180席)を使用している。

 バニラエアの就航以前は、関東から奄美大島への直行便は日本航空(JAL/JL、9201)が羽田から1日1往復を運航するのみだった。現在では関東と奄美大島を結ぶ路線は、2社が1日に計2往復運航していることになる。

 奄美大島へのLCC初就航から1年以上経過した現在、奄美への人の流れはどう変わったのか。島の人々はどのように受け止めているのか。そして、利用者は定着しているのか。昨年(14年)に引き続き、リポートする。なお、昨年同様に関東目線での執筆をご容赦いただきたい。

─ 記事の概要 ─
・15年8月以降バニラ利用率90%超え
・大田区の夫婦「バニラで奄美入り」
・「明らかに増えた」来島者
・スポーツ盛んな奄美、ベイスターズがキャンプも


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。