エアライン, 解説・コラム, 需要, 需要実績 — 2015年9月11日 09:48 JST

スカイマーク、8月利用率85.8% 米子撤退、羽田-札幌97.5%

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 民事再生手続き中のスカイマーク(SKY/BC)の2015年8月利用実績は、ロードファクター(座席利用率、L/F)が85.8%と、前年同月を5.2ポイント上回った。2012年度以降の8月としては最高で、2011年からの過去5年間では2番目に高い値だった。(各路線ごとの詳細を追記しました)

8月いっぱいで撤退した米子空港を離陸する神戸行き初便=13年12月20日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 路線撤退や減便などにより、提供座席数が29.4%減の69万7734席と大幅に減少したことで、L/Fを押し上げた。

 搭乗者数は、提供座席数の減少に伴い6月から前年同月の値を20%以上割り込んでおり、24.1%減の59万5112人と、10カ月連続で下回った。一方、提供座席数と搭乗者数は、3期連続で最高益を更新していた2011年度(2012年3月期)とほぼ同等の数値で推移している。

 8月の運航路線は前月と同じ19路線。路線別でL/Fを見ると、羽田-神戸線、神戸-札幌線と茨城線、米子線、鹿児島線、那覇線、中部-札幌線、福岡-札幌線と那覇線の9路線が前年割れとなった。このうち、10ポイント以上落としたのは、中部-札幌線と福岡-札幌線の2路線。

 L/Fの最高値は、羽田-札幌線の97.5%(前年同月比6.0ポイント上昇)、最低値は神戸-米子線の36.1%(5.8ポイント低下)だった。

 また、拠点としては羽田空港に次ぐ規模の神戸路線は、搭乗者数が前年同月比で10%以上落ち込む路線が、7月は8路線中4路線だったが、2路線に減少した。

 羽田発着は5路線で、L/Fは前述の札幌線がもっとも高く、鹿児島線が94.9%、福岡線と那覇線も90%台と、繁忙期の需要取り込みに成功した。

 一方、米子空港の発着便は8月31日で全便運休となり撤退。2月27日に国土交通省航空局(JCAB)へ届け出ていたもので、1月の破綻後初の撤退となった石垣空港と宮古空港(3月末で運休)に続く3カ所目で、10月には仙台空港から撤退する。

 低迷が続いた米子路線は、2013年12月20日開設。当初は成田線と神戸線、茨城線の3路線だった。2014年4月1日からは羽田線と札幌線、那覇線を開設したが利用は伸び悩み、同年10月26日から羽田線(1日2往復)と札幌線(1日1往復)の2路線を直行便から神戸経由便に再編したものの、採算性の改善には至らなかった。

 羽田と神戸、茨城、中部、米子、福岡各空港を発着する路線ごとの実績詳細は下記の通り。

羽田

 羽田発着5路線のうち、最もL/Fが高かった路線は羽田-札幌線の97.5%(前年同月比6.0ポイント上昇)。搭乗者数は


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。