エアバス, エアライン, 機体, 解説・コラム — 2014年11月21日 22:50 JST

エアバスA350が離日 ハノイへ 写真特集・日本を旅立つ最新鋭機

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 アジアを歴訪するデモ飛行ツアーで日本に飛来していたエアバスの最新鋭旅客機A350 XWBが11月21日午後、羽田空港を出発し、次の訪問国ベトナムのハノイへ向かった。

羽田空港を離陸するA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 デモツアーは17日から28日までの11日間で、韓国のソウル、羽田、ハノイ、タイのバンコク、マレーシアのクアラルンプールを訪問後、仏トゥールーズへ戻る。羽田には19日午後、ソウルの金浦空港から到着。20日は内覧会に先立ち、日本で初導入する日本航空(JAL/JL、9201)などの関係者や報道陣を招待した1時間ほどの試乗会を開いた。

 飛来した機材はA350の標準型「A350-900」の飛行試験5号機(MSN5、登録番号F-WWYB)。座席数はビジネスクラスがスタッガード配列で横1列4席の42席、エコノミークラスが横1列9席で223席の合計265席で、いずれもエアバスがデモ用として搭載しているもの。操縦もエアバスのパイロットが担当した。

 羽田発ハノイ行きの便名はAIB103便。午後0時14分に出発し、D滑走路(05)から同38分に離陸した。駐機場から滑走路へ向かう際は、遠回りとなる国内線第1ターミナルと第2ターミナルの展望デッキから見通せる誘導路を通り、羽田を旅立つA350を一目見ようと集まった見物客にファンサービスした。

 今回のデモツアーは、市場調査やお披露目が目的。搭乗橋が使用できるかなど空港施設に関するテストは、羽田では行われなかった。

*写真は19枚(離陸後の写真はログイン後にご覧いただけます)。

羽田国内線第1と第2ターミナルから見える誘導路を通りD滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田国内線第1と第2ターミナルから見える誘導路を通りD滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

D滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

D滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

D滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

D滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

D滑走路へ向かうA350 XWB=11月21日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。