エアライン, 空港, 解説・コラム — 2014年2月8日 13:30 JST

ANA、那覇の国際線LCCターミナル公開 10日からピーチ使用

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 ANAホールディングス(9202)は2月7日、那覇空港のLCC(低コスト航空会社)専用ターミナルの国際線用施設を報道関係者に公開した。10日からピーチ・アビエーション(APJ)が使用する。

LCCターミナル国際線施設の出国審査は4レーン。同時出発2便まで対応=2月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

PBBやバスは使用せず徒歩で搭乗/降機=2月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 那覇のLCCターミナルは、ANAが借り受けている那覇空港貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に改装したもので、2012年10月に開設(関連記事)。これまでは国内線用施設のみだったが、10日からは国際線も同じターミナル内で一体運用できるようになる。

 国際線施設2090平方メートルの増床により、3082平方メートルだった同ターミナル上屋内の面積は、5172平方メートルに増える。増床費用は3億5000万円で、13年10月末に着工し、1月31日に竣工した。

 CIQ(税関・出入国管理・検疫)を設置し、職員が同空港の国際線ターミナルから出向いて対応。出発便2便まで同時対応できる。

 新しい搭乗待合室の一部は国内線と国際線両用とし、混雑状況に応じて切り替える。搭乗や降機は、国内線施設と同様に徒歩。手荷物の受取場所も、係員が床に手荷物を並べる。PBB(搭乗橋)やバス、ベルトコンベアを使用しないことで、運用コストを削減する。

 13年のLCCターミナル利用者数は、1年間に国内線のみで約40万人。ANAHDでは、16年度末までに国際線と国内線合わせて年間200万人を目指し、このうち国際線は2割を見込む。就航便数は、20往復から25往復の運航を視野に入れる。

 現在APJが那覇から運航している台北(桃園)線は、既存の国際線ターミナルで搭乗手続きを行った後、LCCターミナルに駐機している機体へ向かうため、搭乗に10分程度時間がかかっている。今後はLCCターミナル内で搭乗手続きが行えるようになるため、国内線と国際線の乗り継ぎ時間を短縮できる。また、APJの乗り場が統一されることで、旅慣れていない人でも利用しやすくなる。

 同ターミナルには、APJのほかにANAHDの100%子会社であるバニラエア(VNL)が就航。APJが関西-那覇線を1日3往復、那覇-石垣線を1日1往復、那覇-台北線を1日1往復運航しており、第2ハブの運用を開始する7月19日からは那覇-福岡線を新設する。VNLは成田-那覇線を1日3往復運航している。

 ANAHDの芝田浩二アジア戦略部長は、「クアラルンプールなどLCC老舗のターミナルと比べて遜色ない。チェックインから搭乗までの時間が短く、使い勝手の良いターミナルだ」と述べた。目標とする利用者数については、「大分や岡山、仙台空港の利用者数が150万人から160万人。こじんまりとしたターミナルだが、宮崎空港などと肩を並べる」と期待感を示した。

ピーチとバニラが利用する那覇のLCCターミナル=2月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。

関連記事