スカイマーク、余剰737はチャーター活用 成田縮小、羽田は増便

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 スカイマーク(SKY、9204)の西久保愼一社長は、4月からのエアバスA330-300型機(271席)就航により余剰となるボーイング737-800型機(177席)について、2クラス化を見送り現状のままチャーター便に活用する意向を示した。また、不採算の成田路線を縮小し、羽田路線を強化する。1月31日に都内で開いた決算説明会で明らかにした。

余った737をどう活用するか

余剰となる737をチャーター便に活用するスカイマーク=13年11月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 当初SKYは、幹線でA330への置き換えが進むと最終的に24機から25機になる737を、全機に2クラス制を導入して収益拡大を図る計画だった。1機あたり上級シートを20席配置し、25機に7億5000万円の投資を検討していたが、費用対効果が見合わないとして見送る。

 「余った737をどう活用するかが(2クラス化の)出発点だった」と語る西久保社長は、「修学旅行などチャーター便の


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。