エアライン — 2018年2月9日 21:26 JST

スターフライヤー、有楽町にアンテナショップ 首都圏知名度「5割目指す」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は2月9日、東京・有楽町にアンテナショップをオープンした。首都圏での認知度向上と利用促進を図る。

有楽町にオープンしたアンテナショップの受付に立つスターフライヤーの社員=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
首都圏5割の認知度目指す
自社比率高い2路線が羽田第1

首都圏5割の認知度目指す

 アンテナショップは、JR有楽町駅前にある東京交通会館2階パスポートセンターの並びにオープン。広さは45平方メートルで3人掛けのシートを2列設置し、店内で歴代の機内安全ビデオなどを流すほか、「博多あまおう・八女玉露チョコサンド」(税込1000円)をはじめとする機内販売品やオリジナルグッズなど16種類の商品を扱う。先着300人には、オリジナルコースターをプレゼントする。

有楽町にオープンしたアンテナショップを紹介するスターフライヤーの客室乗務員=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

アンテナショップ開設の経緯を説明するスターフライヤーの松石社長=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 営業時間は午前10時から午後6時までで、不定休。2016年11月11日から12月28日までの期間限定で、同館6階にある北九州市東京事務所内にアンテナショップを開設したことはあったが、常設店舗は今回が初めて。これまで羽田空港にあった営業部門も敷地内に移し、法人を中心とした営業をしやすくした。

 スターフライヤーが運航するエアバスA320型機(1クラス150席)は、他社よりもシートピッチが広く、2006年3月の就航当初からタリーズのコーヒーを無料で提供するなど、機内サービスに定評がある。昨年11月の顧客満足度調査「2017年度版JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」では、9年連続で国内航空業種の第1位を獲得している。

 一方で、首都圏での知名度向上が課題だ。1月にはクラフトビールを提供する東京・代官山の「スプリングバレーブルワリー東京(SVB東京)」で、オリジナルメニューを提供したり、シート体験イベントを開くなどの取り組みを進めており、アンテナショップ開設もその一環となる。

 9日の記念式典で、松石禎己社長は「プラネタリウムイベントを有楽町で開いた際、飛行機の模型を会場に持って行かずにシートを展示していたら、来場者から『君のところは家具屋か』と聞かれた」と、2015年7月に開いたイベントで、首都圏での認知度不足を実感させられた逸話を披露。「5割くらいの方には知っていただけるようにしたい」と抱負を語った。

 オープン記念として、交通会館内の就航地関連施設を巡るスタンプラリーを開催。往復航空券やモデルプレーン、就航地の特産品などが当たる。

自社比率高い2路線が羽田第1

スターフライヤーの機内=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 スターフライヤーの羽田発着路線は、北九州線と福岡線、関西線、山口宇部線の4路線。北九州線と福岡線は第1ターミナル、関西線と山口宇部線は第2ターミナルに乗り入れている。

 4路線とも全日本空輸(ANA/NH)とコードシェアを実施しており、福岡線は2017年10月29日に第1へ移転した。松石社長は「北九州と福岡は自社販売の比率が高いので、福岡も第1に移した」と経緯を説明した。

 残る2路線については、2020年3月末までに実施予定の第2ターミナルの一部国際線転用などを勘案し、変更を検討していく。

 このほかに中部-福岡線と、8日に再開した北九州-那覇線があり、10月に始まる冬ダイヤ期間中に、国際線定期便を再開予定。台北の台湾桃園国際空港に、北九州と福岡、中部(セントレア)から1日1往復ずつ乗り入れる。松石社長は「北九州と福岡から出入りできるので、インバウンドの方の選択肢が増える」と期待感を示した。

*写真は15枚。

有楽町のアンテナショップでテープカットするスターフライヤーの松石社長=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップの入口=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたアンテナショップの受付に立つスターフライヤーの社員=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたアンテナショップに立つスターフライヤーの松石社長(左)と客室乗務員=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップ=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップ=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップ=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップ=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップ=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップ=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたスターフライヤーのアンテナショップで販売する博多あまおうと八女玉露のチョコサンド=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

有楽町にオープンしたアンテナショップで販売する博多あまおう(左)とオープン記念で配るオリジナルコースターを手にするスターフライヤーの客室乗務員=18年2月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
スターフライヤー

スターフライヤー、代官山で特製黒ビール あまおう入り黒マカロンも(18年1月6日)
スターフライヤー、機体擬人化キャラの安全ビデオ 3年ぶり刷新(17年12月11日)
スターフライヤー、秋葉原KitaQフェス出展 有楽町にアンテナショップ2月開業(17年11月26日)
スターフライヤー、9年連続で顧客満足度No.1 JCSI、国内航空部門(17年11月7日)
スターフライヤー、台北3路線開設へ 18年冬ダイヤ、北九州・福岡・中部から(17年10月31日)
スターフライヤー福岡行き、羽田1タミ発に 10月から3年ぶり(17年7月13日)
スターフライヤー、有楽町にシート体験できるアンテナショップ 首都圏で認知度向上へ(16年11月11日)
スターフライヤー、有楽町でプラネタリウム 北九州の夜空投影(15年7月10日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: