エアライン, ボーイング, 機体 — 2017年12月20日 12:00 JST

JAL、成田-バンコク増便継続 18年夏ダイヤ、1日2往復

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は、成田-バンコク線の期間増便を2018年夏ダイヤでも継続する。既存便の1日1往復と合わせ、同2往復運航する。

成田-バンコク線の期間増便を継続するJAL=17年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 増便分はボーイング787-8型機の新仕様機「スカイスイート787(SS8)」(161席:ビジネス38席、プレミアムエコノミー35席、エコノミー88席)で、引き続き運航する。

 2018年3月25日から4月30日までの運航スケジュールは、バンコク行きJL717便は成田を午前10時40分に出発し、午後3時35分に到着する。成田行きJL718便はバンコクを午後11時30分に出発し、翌日午前7時35分に到着する。5月1日以降は成田発が15分、成田着が10分、それぞれ遅くなる。

 成田-バンコク線は10月29日からの冬ダイヤで期間増便。増便前の1往復は成田を午後6時台に、バンコクを午前8時台に出発するスケジュールを設定している。運航機材は、ビジネスとエコノミーを設定した787-8(186席:ビジネス42席、エコノミー144席)を投入している。

増便分の運航スケジュール
18年3月25日から4月30日
JL717 成田(10:40)→バンコク(15:35)
JL718 バンコク(23:30)→成田(翌日07:35)

5月1日から10月27日
JL717 成田(10:55)→バンコク(15:35)
JL718 バンコク(23:30)→成田(翌日07:45)

関連リンク
日本航空

月面探査機「SORATO」、JAL便で日本出発 月から高画質画像を送信、早さ競う(17年12月19日)
JAL、成田-バンコク期間増便 冬ダイヤで(17年7月13日)
JAL、バンコクのサクララウンジ刷新 シャワー増設、3月から(17年2月13日)
JAL、バンコク就航60周年 植木社長「重要な拠点」(16年10月4日)
JAL、新ビジネスクラス777就航 羽田-バンコク線に(16年6月18日)