エアライン — 2017年12月14日 10:14 JST

ANA、欧米豪の訪日客向け誘客事業 食や地域交流で活性化

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)などANAグループは、欧米や豪州からの訪日外国人をメインターゲットとして、羽田と成田、関西空港などから国内線に乗り継ぎ、日本各地を旅行してもらう誘客事業「Odyssey Japan(オディッシージャパン)」を始めた。

欧米豪からの訪日客向け誘客事業を始めたANA=17年5月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 同事業では、マーケットリサーチや商品企画、販売、プロモーション、現地オペレーション、評価レポートなどの事業をグループのシンクタンクであるANA総合研究所が統括。ANAやANAセールス、全日空商事などグループ会社が参画する。

 第一弾は鳥取県で、12月9日から10日かけてツアーを開催。鳥取の砂丘や食材を活用した料理体験、日本酒飲み比べなどを開いた。

 今後、国内の各地域で、食や地域住民との交流を核としたイベントを開催予定。今後の需要拡大が見込まれる欧米豪市場を軸に、滞在型旅行商品を定着させることで地域活性化を目指す。

関連リンク
全日本空輸
ANA総合研究所

ANAのCA達人コンテスト、米路線チーム「こめざんまい」優勝 チームワーク光る(17年12月9日)
「いつも通りのフライトできた」 写真特集・ANA第5回CA達人コンテスト(チーム編)(17年12月11日)
ANAの空港接客コンテスト、神戸の中村さん優勝 第10回大会、海外空港も参加(17年12月6日)