エアライン, 空港, 解説・コラム — 2017年8月30日 20:50 JST

春秋航空日本、成田ー関西運休へ 中国新路線検討

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 春秋航空日本(SJO/IJ)は8月30日、成田ー関西線を10月29日に始まる冬ダイヤから運休すると発表した。再開時期は未定。同時に成田ー佐賀線も、現在の1日2往復を同1往復に減便する。

成田ー関西線を運休する春秋航空日本=16年9月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 成田ー関西線は、関西空港から首都圏へ向かう中国人ツアー客の需要が伸びず、運休が決定。同社によると、中国の親会社である春秋航空(CQH/9C)が新路線開設などに伴い、関空や中部空港の発着便を一部運休している余波で、当面は十分な搭乗率が見込めないという。

 春秋航空は2015年3月に、関空と拠点化について合意。今年3月からは、LCC用の第2ターミナル拡張エリアに国際線が乗り入れている。春秋航空日本の成田ー関西線は、関空に春秋航空便で到着した中国人ツアー客を、首都圏へ送客することを主目的に、2016年9月28日に開設した路線で、同社は状況を見ながら再開を目指すとしている。

 佐賀線については、全体の運航スケジュールを調整した際、発着枠の関係で利便性の良いダイヤが組めないことから、1日1往復に減便を決めた。複便については、スケジュール調整などが整い次第、「再考する」との回答にとどめた。

 関西線の運休や佐賀線減便に伴い、冬ダイヤの国内線は3路線。成田ー広島線が1日2往復、成田ー佐賀線と成田ー札幌(新千歳)線がそれぞれ1日1往復ずつとなる。国際線は4路線で、成田ー武漢線(週3往復)、重慶線(同4往復)、天津線(同3往復)、ハルビン線(同4往復)を運航する。

 機材は、ボーイング737-800型機(1クラス189席)を4機使用。すでに受領済みの5号機(登録番号JA05GR)は、準備が完了次第、投入する見通し。また、6号機を年内に受領する見込みで、当面は6機体制で運航していく。今後は中国本土への新路線開設を目指す。

 春秋航空日本は2014年8月に運航開始。当初は成田-佐賀と広島、高松の国内3路線を運航していたが、高松は2015年10月に撤退した。

関連リンク
春秋航空日本

春秋航空日本
お盆のLCC国内利用率、前年やや下回る 航空各社の利用実績(17年8月21日)
春秋航空日本、最終赤字38億円 16年12月期、5期連続赤字(17年4月25日)
春秋航空日本、成田-佐賀増便 関空は減便(17年2月21日)
春秋航空日本、天津・ハルビン就航へ 春節での訪日客獲得(17年1月12日)
春秋航空日本、成田-関西増便へ 1日2往復、訪日客獲得(16年12月20日)
春秋航空日本、17年に6機体制 1月に4号機(16年9月28日)
春秋航空日本、関空へ就航 成田から1日1往復(16年9月28日)
春秋航空日本、札幌就航 成田から国内全LCC乗り入れ(16年8月20日)
春秋航空日本、初の国際線就航 成田-武漢線(16年2月13日)
春秋航空日本、高松から10月撤退 就航1年2カ月で(15年8月21日)
春秋航空日本、成田から3都市就航 15年上期に新路線計画(14年8月1日)

春秋航空
春秋航空、寧波-中部12月開設 中部路線強化へ(15年11月13日)
春秋航空、セントレアへ中国3都市から新路線 9月就航(15年8月26日)
春秋航空、中部5路線開設へ 初乗り入れ(15年6月10日)
春秋航空、関空を拠点化 LCCターミナル拡大も(15年3月3日)

【訂正】
5段落「成田ー広島線が1日2往復」のところが記事初出時、「成田ー札幌線」となっておりました。お詫びして訂正いたします。(17年8月31日 19:34 JST)