エアバス, エアライン, 機体 — 2017年3月17日 12:25 JST

アシアナ航空、A350初号機公開 5月関空投入へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 アシアナ航空(AAR/OZ)は現地時間3月16日、同社向け初号機となるエアバスA350-900型機を公開した。5月までに受領し、ソウル(仁川)-関西線などに投入する。

アシアナ航空のA350-900(同社提供)

 同社向けA350-900は3クラスで331席(ビジネス28席、プレミアムエコノミー36席、エコノミー247席)で、プレミアムエコノミーを設定した。

 アシアナ航空はA350を計30機発注済み。内訳は標準型のA350-900が12機、長胴型のA350-1000が10機。短胴型のA350-800も8機発注しているが、エアバスは製造計画を見直し、開発しない方針を示している(関連記事)。

 5月15日からは関空線に投入。現在運航しているA330-300(2クラス290席:ビジネス30席、エコノミー260席)から大型化し、提供座席数を増加させる。

 A350を導入するのは、1日4往復運航する同路線のうち、A330運航便の1日2往復。OZ112/111便と、OZ114/113便に投入する。5月15日から導入し、8月13日まで運航する。翌14日から9月28日まではA330に戻し、翌29日からはA350を再投入する。

 また同日からは、ソウル-マニラ線にもA350を投入。関空線と合わせて運航する。

関連リンク
ASIANA A350
Airbus
エアバス・ジャパン

エアバス、A350短胴型中止へ 777のシェア奪取へ(16年6月1日)
アシアナ航空、A350を5月関空投入へ(17年2月21日)
アシアナ航空、A321neoを25機確定発注(15年11月7日)
エアバス、アシアナ航空にA380初号機納入 6月からソウル-成田線(14年5月27日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: