企業, 空港 — 2017年2月16日 09:53 JST

福岡エアポートHD設立 オール九州で運営権取得目指す

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 福岡空港のターミナルビルを運営する福岡空港ビルディングは2月14日、単独株式移転による完全親会社となる持株会社「福岡エアポートホールディングス」を設立した。福岡空港は、2019年4月をめどに民営化が計画されており、運営権取得を目指す。

10月4日で閉館した福岡空港第1ターミナル=16年9月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 社長には、九州電力(9508)の櫻木雅仁事業推進本部部長が就任。新会社の資本金は1億円で、空港ビルの株主が株式移転により設立し、空港ビルを100%子会社化した。

 空港ビルの主な株主は九電のほか、日本航空(JAL/JL、9201)やANAホールディングス(9202)、西日本鉄道(西鉄、9031)。役員体制は、取締役が櫻木社長を含む6人、監査役が1人で、取締役は九電出身が3人、西鉄が2人、空港ビルが1人、監査役は西部ガス(9536)からとなっている。

 現在、2800メートル滑走路1本のみで運用する福岡空港は、2500メートルの第2滑走路の増設など、拡張を計画。ターミナルビルは、1969年から47年間使用されてきた国内線第1ターミナルビルが、2016年10月4日を最後に閉館し、旧第2・第3ターミナルビルを改称した「国内線旅客ターミナル」に国内線を集約している。

 福岡エアポートホールディングスは、これまでのターミナル運営ノウハウを生かし、空港運営権の獲得を目指す。一方、現在は国が管理する滑走路の運営には課題もあるため、オール九州に加えて知見を持つパートナー探しを急ぐ。

 国内の空港民営化をめくっては、関西空港と伊丹空港が2016年4月1日に民営化。オリックス(8591)と仏空港運営会社ヴァンシ・エアポートのコンソーシアム(企業連合)が設立した関西エアポートが運営しているが、乗り入れる航空会社からは意思決定速度が民営化前と比べて低下したなど、さまざまな不満が噴出している。

 福岡エアポートホールディングスの役員体制は下記の通り(氏名、出身組織の順。敬称略)。


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: