キーワード: "陸上自衛隊"

F-35Aは1機116億円 防衛省、中期防の単価初公表
/ 2019年1月9日 09:32 JST

F-35Aは1機116億円 防衛省、中期防の単価初公表

 防衛省は1月8日、中期防衛力整備計画(2019年度から23年度)で示した主要装備品の単価を公表した。最新鋭ステルス戦闘機F-35Aは、1機当たり約116億円とした。同省が中期防の主要装備品について、単価を公表するのは初 […]

SUBARU、陸自UH-Xの飛行試験開始 新多用途ヘリ試作機、18年度末納入へ
/ 2018年12月27日 10:27 JST

SUBARU、陸自UH-Xの飛行試験開始 新多用途ヘリ試作機、18年度末納入へ

 SUBARU(7270)は12月25日、開発中の陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機の飛行試験を開始した。2018年度末の防衛装備庁への納入に向け、社内飛行試験を続ける。  新多用途ヘリは「UH-X」と呼ばれ、SUBA […]

川崎重工、100機目のCH-47J納入 陸自に性能向上型
/ 2017年1月17日 12:20 JST

川崎重工、100機目のCH-47J納入 陸自に性能向上型

 川崎重工業(7012)は1月17日、自衛隊向け輸送ヘリコプター「CH-47JA」を陸上自衛隊第1ヘリコプター団に引き渡したと発表した。陸自のほか、航空自衛隊の「CH-47J」と合わせ、100機目の機体となる。  川重は […]

川崎重工、陸自にOH-6D 定期修理最終機
/ 2016年9月2日 06:40 JST

川崎重工、陸自にOH-6D 定期修理最終機

 川崎重工業(7012)は陸上自衛隊向け観測ヘリコプターOH-6Dの定期修理最終機を、陸自第6飛行隊に8月30日に引き渡した。機体定期修理は通算1055機目にあたる。  OH-6DはOH-6Jの後継機で、定員は4人。19 […]

BAEシステムズ、陸自向けに水陸両用車 17年からAAV7A1 RAM/RS納入
/ 2016年4月11日 07:55 JST

BAEシステムズ、陸自向けに水陸両用車 17年からAAV7A1 RAM/RS納入

 英BAEシステムズは、日本の防衛省と陸上自衛隊向け新型AAV(水陸両用車)の製造について契約を締結し、3月31日付で発表した。  BAEは水陸両用車「AAV7A1 RAM/RS」30両に加え、整備用機器や試験機材を提供 […]

UH-X、ベル412EPI発展型に ガリソンCEOに聞く
/ 2015年7月30日 13:30 JST

UH-X、ベル412EPI発展型に ガリソンCEOに聞く

 陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター「UH-X」について、米ベルヘリコプター・テキストロンのジョン・ガリソンCEO(最高経営責任者)は7月30日、中型双発ヘリ「ベル412EPI」の発展型になることを明らかにした。  UH […]

陸自UH-X、富士重がベルと共同開発 民間ヘリ改修でコスト削減
/ 2015年7月19日 07:30 JST

陸自UH-X、富士重がベルと共同開発 民間ヘリ改修でコスト削減

 防衛省は7月17日、陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター「UH-X」の開発事業者に富士重工業(7270)を選定したと発表した。米ベル・ヘリコプターと富士重が共同開発する。  UH-Xは、現在運用する単発多用途ヘリ「UH- […]