空港 — 2013年8月8日 05:59 JST

成田空港、千葉港とのパイプライン30周年

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 東京湾内の千葉港と成田空港を結ぶ航空燃料のパイプラインが8月8日、30周年を迎えた。

30周年を迎えた成田空港のパイプライン(NAAの資料から)

 成田空港が内陸部に位置しているため、同空港で使われる航空燃料は千葉港から約47キロに及ぶパイプラインで輸送されている。

 同パイプラインは、成田の開港から5年後の1983年8月8日に供用を開始。その後も1996年4月に四街道石油ターミナル設置、2003年4月には千葉港頭石油ターミナルに新タンク増設、04年4月に第2給油センターの建設と、航空需要の拡大に対応して設備の増強が行われてきた。

 今年7月には開港以来の累積給油量が1億5000万キロリットル、給油した航空機は230万機に達している。

関連リンク
成田国際空港

関連記事

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: