エアライン, ボーイング, 機体, 空港, 解説・コラム — 2015年12月11日 23:59 JST

ANA、羽田-シドニー就航 R2-D2ジェットで初便、豪州発取り込みへ

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は12月11日、羽田-シドニー線を1日1往復で開設した。同社便の豪州路線としては、1999年3月に撤退した関西-シドニー線以来16年9カ月ぶり。

 運航機材は787-9で、座席数は215席(ビジネス48席、エコノミー167席)。NH879便は羽田を午後10時10分に出発し、シドニーに翌日午前9時35分に到着する。折り返しのNH880便はシドニーを午後9時30分に出発、羽田着は翌日午前5時5分となる。

羽田を出発するANAのシドニー線初便のR2-D2ジェット=12月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ビジネス需要取り込みへ

ブルース・ミラー駐日豪州大使(右)にR2-D2ジェットの模型を手渡すANAの篠辺社長=12月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 初便には、映画『スター・ウォーズ』に登場するロボット「R2-D2」を描いた787-9の特別塗装機「R2-D2 ANA JET」(登録番号JA873A)を投入。乗客205人を乗せ、定刻の午後10時10分に出発し、同30分に離陸した。

 羽田を夜に出発し、早朝に到着する時間帯に設定することで、国内各地からの乗り継ぎの利便性を高める。また、政府は今年1月、豪州と日豪EPA(経済連携協定)を発効。観光需要に加えて、増加傾向にあるビジネス需要も取り込む。

 シドニー空港では、ヴァージン・オーストラリア(VOZ/VA)とインターライン契約を締結。乗り継ぎやロストバゲッジ(荷物紛失)などで提携する。また、シドニーからニュージーランドへは、ニュージーランド航空(ANZ/NZ)とコードシェアを実施する。

豪州発需要も期待

 ANAの篠辺修社長は、ロードファクター(座席利用率)について「平均80%が目標、ビジネスクラスは70%程度期待できる」と述べた。

 約16年ぶりの再開理由については、「16年前は747を中心に飛ばさざるを得なかったので、観光需要だけでは採算性が良くなかった。787-9で運航を始めたが、需給バランスに応じて(より座席数が多い)777や、(座席数が少ない)787-8を使い分ければ、ロードファクターは一定レベルを維持できる。両国間の経済活動も、16年前より活発化している」として、機材の進化やビジネス需要の増加を挙げた。

羽田-シドニー線就航を記念し鏡割りをするANAの篠辺社長(左から3人目)ら=12月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 一方、豪州は航空連合「ワンワールド」に加盟するカンタス航空(QFA/QF)のお膝元。ANAが加盟する航空連合「スターアライアンス」のパートナーがいないため、シドニーから先の乗り継ぎ需要拡大が課題となる。

 篠辺社長は「ワンワールドとの競争が厳しいので、アジア・オセアニア路線の中では時間を掛けて踏み切った」とし、「16年前と比べ、豪州の人が格段に日本を旅行するようになっており、北海道など東京以外も期待できる」と述べ、羽田から国内線への乗り継ぎ需要にも期待感を示した。

 ANAによると、日本発とオーストラリア発の発券割合は、日本が6割、残り4割がオーストラリア。おおむね半々となっている他の国際線より、日本発の割合が高い。
 
 羽田-シドニー線は、カンタス航空が8月1日から1日1往復運航している。両社を合わせると、1日2往復となった。

 ANAの豪州路線は1987年11月、成田-シドニー線を直行便で運航開始。その後、往路をブリスベン経由、復路は成田直行便とし、1998年6月まで週6往復で運航していた。関空からは1994年11月、往路ブリスベン経由のシドニー便を運航開始。1999年3月まで週2往復で運航していた。運休したことで、豪州から撤退していた。

 撤退後の1999年3月、スターアライアンスに加盟していたアンセット・オーストラリア航空(AAA/AN)が関空-シドニー線を往路ブリスベン経由で開設。1日1往復を運航し、ANAとコードシェアを実施していたが、AAAは2001年に倒産した。

運航スケジュール
NH879 羽田(22:10)→シドニー(翌日09:35)
NH880 シドニー(21:30)→羽田(翌日05:05)

*写真は11枚。

羽田発シドニー行き初便に乗る子供に記念品を手渡すANAの篠辺社長(手前から3人目)=12月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田の109番搭乗口に並ぶANAのシドニー線初便の乗客=12月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田の109番スポットを出発するANAのシドニー線初便のR2-D2ジェット=12月11日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。