- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

ANA、A380 3号機を正式受領 16日に成田到着

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)は10月15日、エアバスA380型機の3号機(登録記号JA383A)を現地時間13日に受領したと発表した。エアバスの工場がある仏トゥールーズを同15日午後5時30分(日本時間16日午前0時30分)に出発し、成田空港には午後1時に到着する見通し。

トゥールーズで出発を待つANAのA380 3号機=21年10月15日 PHOTO: Yuriko NAKAO/Aviation Wire

 3号機は2020年1月24日に、エアバスの塗装工場がある独ハンブルクでお披露目された。当初は同年4月に受領予定で、6月からは週14往復の成田-ホノルル線全便をA380による運航に切り替える計画だった。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で受領が半年延期となり、10月30日付で書類上は引き渡しが行われたものの、正式受領や日本へのフェリーは未定となっていた。

 ANAHDは3機のA380を発注しており、2機を受領済み。成田-ホノルル線の専用機材で、2019年5月24日に就航した。座席数は4クラス520席で、ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席となっており、3号機も同じ仕様となる。

 全機にハワイの空と海、夕陽をイメージした特別塗装を施しており、初号機(JA381A)が青(ANAブルー)、2号機(JA382A)が深緑(エメラルドグリーン)、3号機がオレンジ(サンセットオレンジ)と1機ごとに色が異なる。機首の表情も、正面を見る初号機、ほほ笑む2号機、まつげを描いた3号機と違いがある。

 現在は定期便の運航から離脱しているものの、9月は成田-新千歳間や那覇間で2泊3日のチャーターフライトを実施しており、10月も成田-下地島チャーターを計画している。

 一方、エアバスはA380の製造をすでに終了しており、11月に最後の3機がエミレーツ航空(UAE/EK)へ引き渡され、納入開始から14年で完納となる。ANAの3号機は、A380最大のオペレーターであるエミレーツ向け以外では最後の引き渡しとなった。

トゥールーズを出発するANAのA380 3号機=21年10月15日 PHOTO: Yuriko NAKAO/Aviation Wire

トゥールーズを離陸するANAのA380 3号機=21年10月15日 PHOTO: Yuriko NAKAO/Aviation Wire

関連リンク
全日本空輸 [1]
Airbus [2]

トゥールーズ離陸
ANAのA380オレンジ3号機、トゥールーズ離陸し成田へ [3](21年10月16日)

ANAの3号機
ANA、A380 3号機を正式受領 16日に成田到着 [4](21年10月15日)
ANAのA380 3号機、10月に成田へ 半年ぶりに試験飛行 [5](21年9月28日)
ANA、A380の3号機受領へ 10月内納入も日本飛来は未定 [6](20年10月22日)
エアバス、ANAにA380最終号機 今年最多の72機納入、10月実績 [7](20年11月9日)
ANA、オレンジのA380お披露目 空飛ぶウミガメ3号機、ハンブルクでロールアウト [8](20年1月24日)

ロールアウトの動画(YouTube Aviation Wireチャンネル [9]
1本目 ANA A380 3号機がハンブルクでロールアウト サンセットオレンジのJA383A [10]
2本目 エアバス塗装工場でロールアウト待つANA A380 3号機 サンセットオレンジ JA383A [11]

写真特集・ANA A380 3号機ロールアウト
前編 まつげのある3号機、足場もオレンジになった塗装工場 [12]
後編 非中東系ラストはサンセットオレンジ [13]

成田から新千歳や那覇へチャーター
空飛ぶウミガメ、沖縄へ 写真特集・ANA A380那覇初飛来 [14](21年9月26日)
初の新千歳夜間駐機も ANAのA380、発着異なる初チャーター終える [15](21年9月20日)

写真特集・ANA A380 FLYING HONUの機内
(1)個室ファーストクラスでプライバシー確保 [16](19年5月21日)
(2)ペアシートもあるビジネスクラス [17](19年5月22日)
(3)2階後方にゆったりプレエコ [18](19年5月23日)
(4)カウチシートもあるエコノミー [19](19年5月24日)