- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

スカンジナビア航空、羽田-コペンハーゲン20年3月就航へ A350投入、成田から移管

 スカンジナビア航空(SAS/SK)は現地時間12月9日、コペンハーゲン-羽田線を2020年夏ダイヤが始まる現地時間3月29日に開設すると発表した。羽田就航に伴い、成田路線は運休する。

20年夏ダイヤで羽田-コペンハーゲン線を開設するスカンジナビア航空=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 1日1往復運航で、羽田発は翌3月30日が初便となる。羽田行きSK983便はコペンハーゲンを午後2時5分に出発し、翌日午前7時50分に到着。コペンハーゲン行きSK984便は午前11時50分に羽田を出発し、午後4時10分に着く。機材はエアバスA350-900型機(3クラス300席:ビジネス40席、プレミアムエコノミー32席、エコノミー228席)を投入する。

 スカンジナビア航空は現在、コペンハーゲン-成田線を週6往復運航。A340-300(3クラス247席:ビジネス40席、プレミアムエコノミー28席、エコノミー179席)を投入している。同社の日本路線は1路線のみで、羽田への移管後は成田から撤退するとみられる。同社アジア太平洋地区のレイフ・ニルソン総支配人は2017年2月に、成田路線を東京オリンピック開催までに羽田へ移し、A350を日本路線に投入する意向を示していた。

 国土交通省航空局(JCAB)は、羽田国際線の昼間時間帯(午前6時から午後10時55分まで)発着枠50枠のうち、日本と相手国の航空会社に25枠ずつ配分。このうちデンマークとスウェーデン、ノルウェーの3カ国で1地域とするスカンジナビアには2枠配分し、日本側は全日本空輸(ANA/NH)が獲得している。

 ANAは夏ダイヤ期間中に、羽田-ストックホルム線の開設を計画している。

運航スケジュール
SK983 コペンハーゲン(14:05)→羽田(翌日07:50)
SK984 羽田(11:50)→コペンハーゲン(16:10)

関連リンク
スカンジナビア航空 [1]

決定した羽田の50枠配分
羽田国際線、ANA13.5枠で決定 JALは11.5枠、昼間帯新規7地域 [2](19年9月2日)

日系各社の動き
ANA、羽田-ミラノ深夜便開設へ 20年夏ダイヤ [3](19年12月3日)
JAL、羽田発着枠増枠でホノルル2便 20年3月国際線強化、全国からハワイへ [4](19年11月19日)
ANAの羽田国際線、12新路線 成田の米国5路線運休・減便へ 20年夏 [5](19年11月19日)

増枠で飛行検査
羽田空港新ルート、旅客便試験飛行1月30日から 北風・南風運用で [6](19年11月16日)
羽田空港、旅客便の試験飛行を20年1月実施へ 新飛行経路 [7](19年8月29日)
羽田新経路、飛行検査で安全性検証 12月まで [8](19年8月26日)

20年3月の国際線増枠
豪ヴァージン、羽田発着は夜 20年3月就航、ブリスベンで豪国内乗り継ぎ [9](19年12月5日)
羽田国際線、中国は4社1枠ずつ 北京大興から新路線 20年夏 [10](19年11月21日)
S7航空、羽田-ウラジオストク20年夏就航へ 露当局、成田・関空に7路線許可 [11](19年11月14日)
豪ヴァージン、日本初就航へ 20年3月、羽田-ブリスベン [12](19年10月31日)
アメリカン航空、羽田-ダラス20年3月就航 LAは増便、成田「変更なし」 [13](19年10月30日)
羽田の豪州路線、2社に1枠ずつ配分へ カンタス航空と豪ヴァージン、20年夏ダイヤ [14](19年10月23日)
アリタリア、羽田-ローマ20年3月就航 成田から移管 [15](19年10月18日)
ターキッシュエア、羽田-イスタンブール20年3月就航 777で週7往復 [16](19年10月17日)
デルタ航空の羽田ラウンジ、支社長「場所ほぼ決定」 20年夏開業 [17](19年10月15日)
羽田の豪州路線、2社3路線申請 10月末までに決定へ [18](19年9月30日)
羽田発着枠、ANAに13.5枠で最終調整 格差是正に終止符 [19](19年8月20日)
羽田空港、20年夏ダイヤから新経路 国際線、年3.9万回増便へ [20](19年8月8日)
ユナイテッド航空、羽田4路線新設 20年3月発着枠増枠 [21](19年8月17日)
ハワイアン航空、羽田-ホノルル増便 夏ダイヤから [22](19年8月16日)
デルタ航空、成田撤退 羽田に20年3月集約、ソウル-マニラ開設へ [23](19年8月12日)
羽田米国枠、デルタ航空が最多 米運輸省、12枠暫定割り当て 20年夏 [24](19年5月17日)

スカンジナビア航空
スカンジナビア航空、羽田就航に意欲 成田から移管、A350投入も [25](17年2月24日)
スカンジナビア航空、北極ルート60周年 成田で式典 [26](17年2月24日)
スカンジナビア航空、日本就航65周年 9地点経由で丸2日以上 [27](16年5月4日)
スカンジナビア航空、プレエコとエコノミーもシート刷新 11月日本投入 [28](15年4月15日)
スカンジナビア航空、離着陸時リクライニング可のビジネス 11月日本投入 [29](15年4月10日)

【お知らせ】
1段落目と2段落目に運航スケジュールと就航日を追記しました。(19年12月9日 18:25 JST)