- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

ANA、A380でヒアラブル端末導入 CA同士の連絡に活用

 全日本空輸(ANA/NH)は、5月24日から成田-ホノルル線に投入する総2階建ての超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の機内で、BONX(世田谷区)が開発したヒアラブル端末「BONX Grip」を客室乗務員間のコミュニケーションに使用する。

A380の機内でBONX Gripを着用したANAの客室乗務員(同社提供)

BONX Gripを着用したANAの客室乗務員(同社提供)

 ANAのA380は座席数が4クラス520席で、パイロット2人と客室乗務員20人のクルーで運航。従来の機材よりも1便あたりの客室乗務員が多く、機内に設置されたインターフォン以外にも連絡手段を設けることで、機内のどこにいてもやり取りができるようにする。

 BONX Gripの重さは約15グラムで、耳に掛けて使用する。iPhoneなどのスマートフォンとBONX GripをBluetooth(ブルートゥース)でペアリングし、機内Wi-Fi環境を使ってグループ通話を実現する。

 ANAはBONX Gripをビジネス向けに販売しているリコー(7752)から導入。機内で使用するためのWi-Fi環境を富士通(6702)が構築した。

 今後はA380以外の機材への導入や、空港の地上係員などへの導入も検討するという。

関連リンク
全日本空輸 [1]
BONX [2]
リコー [3]
富士通 [4]

写真特集・ANA A380 FLYING HONUの機内
(1)個室ファーストクラスでプライバシー確保 [5](19年5月21日)
(2)ペアシートもあるビジネスクラス [6](19年5月22日)
(3)2階後方にゆったりプレエコ [7](19年5月23日)

2号機成田到着
ANA、空飛ぶウミガメ2号機成田到着 深緑のA380、6月に就航前倒し [8](19年5月18日)
ほほえむウミガメ、まもなく就航 写真特集・ANA A380深緑の2号機成田到着 [9](19年5月19日)

機内公開
ANA、空飛ぶウミガメA380公開 ファーストクラスやペア席ビジネスも [10](19年4月23日)

ホノルルでフィットチェック
ANAのA380、2回目のホノルル飛来 2階席へ機内食搬入確認も [11](19年5月9日)
ホノルルにA380到着 ANA「空飛ぶウミガメ」ハワイ初飛来、地上施設確認 [12](19年4月18日)
ANAのA380、ホノルルへ 搭乗橋など現地確認 [13](19年4月17日)

成田へ初号機到着
ANA、A380「フライング・ホヌ」成田到着 片野坂社長「乗った瞬間ハワイ感じられる」 [14](19年3月21日)
ANAのA380、トゥールーズ離陸 成田へ [15](19年3月21日)
ANA、A380初受領 総2階建て、5月から成田-ホノルル線 [16](19年3月21日)

ANAのA380
ANA、A380お披露目 空飛ぶウミガメ、ハンブルクでロールアウト [17](18年12月13日)
ANAのA380、成田-ホノルル19年5月就航 7月に2号機 [18](18年11月27日)
ANA、A380を3機正式発注 ホノルル線に18年度以降 [19](16年1月29日)