- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3トン着 4年ぶりANA便で

 11月18日に解禁日を迎えるボジョレー・ヌーボーが10月23日、全日本空輸(ANA/NH)のフランクフルト発NH204便(ボーイング787-9型機、登録番号JA928A)で羽田空港へ午前7時25分に到着した。午前8時50分ごろからは東京税関の職員による検品が行われた。ANA便での初荷到着は2017年以来4年ぶりとなった。

ボジョレー・ヌーボーの初荷を手にするANAの客室乗務員=21年10月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ボジョレー・ヌーボーは、仏ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で収穫したブドウを発酵させた新酒で、サントリーの初荷は23日に羽田、24日は関西空港に到着する。羽田に到着した初荷は重さ約3トンで、221ケース3192本だった。

 輸入元のサントリーワインインターナショナルによると、今年のボジョレー・ヌーボーは、「イチゴやチェリーなどの赤い果実の香りがふわっと感じられ、シルクのように優しいタンニンとともに、採れたて果実の果汁が広がる」という。今年は4月の霜害以降は天候に恵まれてよいブドウが育ち、収穫は9月13日から始まった。コロナの影響により、昨年は家庭用の販売が好調だったという。

 ボジョレー・ヌーボーは、欧州域外へ出荷できる日が例年は10月下旬だが、昨年に続いて今年も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、輸送期間に余裕を持たせるため、約1週間前倒しされて10月22日になった。サントリーのボジョレー・ヌーボーは羽田と成田、関西、福岡、新千歳の5空港に計61便で到着する予定で、輸入数量は前年比2%増の合計5万5000ケース、83万3157本となる見込み。

羽田に到着するボジョレーの初荷を積んだNH204便=21年10月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

787の貨物室から姿を現すボジョレー・ヌーボーの初荷=21年10月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

787の貨物室から姿を現したボジョレー・ヌーボーの初荷=21年10月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングトラクターに引かれていくボジョレーヌーボー=21年10月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ボジョレー・ヌーボーの初荷を検品する税関職員=21年10月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
ボジョレー・ヌーボー [1](サントリー)
全日本空輸 [2]

ボジョレー・ヌーボー、羽田に2640本着 パリからJAL便で [3](20年10月22日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3192本着 JAL便で [4]
ボジョレー・ヌーボー初荷、5年ぶりJAL便で羽田到着 [5](18年10月27日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3.7トン着 ANA便で [6](17年10月28日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3.2トン着 ANA便で [7](16年10月29日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、3.5トンが羽田着 ANA便で [8](15年10月31日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、ANA便で羽田到着 [9](14年11月4日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、JAL便で羽田に20トン到着 [10](13年11月5日)
ボジョレー・ヌーボー初荷 日航便で羽田到着 [11](12年10月27日)