- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

ボジョレー・ヌーボー、羽田に2640本着 パリからJAL便で

 11月19日に解禁日を迎えるボジョレー・ヌーボー(ボージョレ・ヌーボー)が10月22日、日本航空(JAL/JL、9201)のパリ発JL46便(ボーイング777-300ER型機、登録番号JA742J)で羽田空港へ午後1時34分に到着した。東京税関の職員による検品が午後3時すぎから行われた。

羽田でボジョレー・ヌーボーを検品する税関職員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ボジョレー・ヌーボーは、仏ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で収穫したブドウを発酵させた新酒で、22日は羽田と成田の2空港に到着する。羽田に到着したサントリーの初荷は重さ約3.2トンで、220ケース2640本が到着した。

 輸入元のサントリーワインインターナショナルによると、今年のボジョレー・ヌーボーは、ダークルビー色が特徴。「ブラックチェリーのような完熟した黒い果実の香りとともに、心地よい余韻が残る、非常に芳醇な味わい」だという。

 同社によると今年は7月の降水量が例年より少なく乾燥し、8月は40度に達するほど暑い日が続いたため、ブドウが例年より早く成熟。収穫は8月20日から始まったという。

 ボジョレー・ヌーボーは、欧州域外へ出荷できる日が例年は10月下旬だが、今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、輸送期間に余裕を持たせるため、前倒しされて10月12日になった。JALによると、22日に羽田へ到着したボジョレー・ヌーボーはサントリー向けの初荷だが、日本に初めて到着したものではないという。

羽田に到着したボジョレー・ヌーボーを紹介するJALの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港に到着するボジョレー・ヌーボーを積んだJALのパリ発JL46便=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に到着しJALの777の貨物室から姿を現すボジョレー・ヌーボー=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に到着しJALの777の貨物室から姿を現したボジョレー・ヌーボー=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に到着しJALの777の貨物室から降ろされたボジョレー・ヌーボー=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

トーイングトラクターに引かれていくボジョレーヌーボー=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田の倉庫から姿を現すボジョレーヌーボー=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に到着したボジョレー・ヌーボーを紹介するJALの客室乗務員=20年10月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
ボジョレー・ヌーボー [1](サントリー)
日本航空 [2]

ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3192本着 JAL便で [3]
ボジョレー・ヌーボー初荷、5年ぶりJAL便で羽田到着 [4](18年10月27日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3.7トン着 ANA便で [5](17年10月28日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、羽田に3.2トン着 ANA便で [6](16年10月29日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、3.5トンが羽田着 ANA便で [7](15年10月31日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、ANA便で羽田到着 [8](14年11月4日)
ボジョレー・ヌーボー初荷、JAL便で羽田に20トン到着 [9](13年11月5日)
ボジョレー・ヌーボー初荷 日航便で羽田到着 [10](12年10月27日)