- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

ANA、成田-青島・広州11月も継続 ハノイ発成田行き、週5便に

 全日本空輸(ANA/NH)は10月19日、国際線の運航計画を追加で見直したと発表した。25日から始まる冬ダイヤのうち11月末までが対象で、成田-青島線と成田-広州線の中国本土2路線の運航を継続。成田-ハノイ線は、週2便運航する現地発を週5便に増便する。また11月は、成田-ヤンゴン線のうち現地発を3便運航する。

中国本土2路線を11月も継続するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により運休していた青島線と広州線の2路線は、9月30日に運航を再開。水曜のみの週1往復運航し、11月末まで継続する。

 成田-青島線の運航スケジュールは、青島行きNH927便は成田を午前9時50分に出発し、午後0時30分に到着。成田行きNH928便は午後2時40分に青島を出発し、午後6時40分に到着する。機材はボーイング787-9型機の3クラス246席仕様(ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席)を投入する。

 成田-広州線の運航スケジュールは、広州行きNH933便は成田を午前9時30分に出発し、午後2時に到着。成田行きNH934便は午後4時30分に広州を出発し、午後9時30分に着く。機材は787-9の3クラス215席仕様(ビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー146席)を投入する。

 ハノイ発成田行きは、現在の水曜と土曜発に加え、木曜と金曜、日曜発も設定。ヤンゴン発成田行きは11月13日と20日、26日に運航する。

運航スケジュール
成田-青島
NH927 成田(09:50)→青島(12:30)運航日:水
NH928 青島(14:40)→成田(18:40)運航日:水

成田-広州
NH933 成田(09:30)→広州(14:00)運航日:水
NH934 広州(16:30)→成田(21:30)運航日:水

関連リンク
全日本空輸 [1]

ANAの国際線
ANA、成田-ホノルル半年ぶり 再開初便に27人 [2](20年10月5日)
ANA、東南アジア2路線再開 羽田-ホノルル2往復のみ、11月国際線86%運休 [3](20年9月28日)
ANA、中国2路線再開へ 成田-青島・広州、週1往復ずつ [4](20年9月24日)
ANA、羽田-ヒューストン再開 成田-ホノルル2往復のみ、10月国際線87%運休 [5](20年9月8日)
ANA、10月にホノルル半年ぶり一部再開 787で月2往復、A380は未定 [6](20年9月8日)
ANA、羽田-ロサンゼルス再開 9月の国際線、89%運休継続 [7](20年8月4日)

ANAの国内線
ANA国内線、11月29%減便 3連休は26%に回復 [8](20年10月8日)
ANA国内線、10月は4割超減便 運休23路線 [9](20年9月10日)
ANA国内線、9月減便47%に 393便追加 [10](20年8月27日)
ANA国内線、9月は45%減便 運休22路線、新型コロナで需要減 [11](20年8月13日)

JALの国際線
JAL、成田からも北米3路線 東南アジアとの乗継ぎ強化、11月-21年1月国際線 [12](20年10月6日)
JAL、成田-広州10月開設へ 週1往復 [13](20年9月24日)
JAL、成田-大連増便 18日から週3往復に [14](20年9月16日)
JAL、羽田-台北の旅客便再開 ホノルル臨時便も 10月国際線減便86% [15](20年9月10日)

JALの国内線
JAL国内線、11月26%減便 需要回復傾向に [16](20年10月8日)
JAL国内線、10月後半は33%減便 臨時便や機材大型化も [17](20年9月16日)
JAL国内線、10月前半は3割超減便 81路線4390便 [18](20年9月9日)