- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

JAL、ダラス空港のラウンジ変更

 日本航空(JAL/JL、9201)は、ダラス・フォートワース国際空港のラウンジサービスを現地時間5月16日から変更する。

ダラス・フォートワース空港のラウンジを変更するJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 提携するアメリカン航空(AAL/AA)の新しい「Flagship Lounge」と、リニューアルされる「Admirals Club Lounge」へ変更。Flagship Loungeは21番搭乗口と22番の間、Admirals Club Loungeは23番と24番の間に位置する。

 入室基準は、Flagship Loungeがビジネスクラスの利用客とマイル会員制度「JALマイレージバンク(JMB)」のダイヤモンド、上位マイレージ会員制度「JALグローバルクラブ(JGC)」のJGCプレミア、JMBサファイア、JGC、ワンワールドのエメラレルドとサファイア。Admirals Club LoungeはプレミアムエコノミークラスとFlex Y運賃のエコノミークラス利用者となる。

 席数はFlagship Loungeが約400席、Admirals Club Loungeが約200席。Wi-Fi機器によるインターネット接続サービスやシャワー、トイレがあり、Flagship LoungeのトイレにはTOTO(5332)のウォシュレットを完備する。

 営業時間は午前5時から午後10時15分まで。

関連リンク
日本航空 [1]
Dallas/Fort Worth International Airport [2]

JALのA350ロールアウト 9月から羽田-福岡線 [3](19年4月30日)
JAL、地方発チャーターでハワイ需要開拓 A380対抗、定期便は供給減 [4](19年4月26日)