- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

エンブラエル、E190-E2のタイムラプス動画公開

 ブラジルのエンブラエルは、2月25日にロールアウトセレモニーを開く次世代リージョナルジェット機「E190-E2」の製造過程を撮影したタイムラプス動画を、このほど公開した。

E190-E2の製造工程のタイムラプス動画(YouTubeから)

E190-E2のイメージイラスト(エンブラエル提供)

 E2シリーズは、現行のエンブラエル170(E170)とE175、E190、E195で構成する「Eジェット」の後継機。座席数は2018年にシリーズ初の引き渡しが始まる「E190-E2」が1クラス106席、2クラス97席で、2019年納入開始の「E195-E2」は1クラス132席、2クラス120席とやや大きく、2020年に引き渡しを始める「E175-E2」は1クラス88席、2クラス80席となる。

 三菱航空機が開発を進める「MRJ」と同じく、低燃費と低騒音を特徴とする米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製GTFエンジンを採用。必要とする推力の違いにより、E175-E2がPW1700G、E190-E2とE195-E2がPW1900Gを搭載する。座席数も1クラス92席の「MRJ90」や、1クラス78席の「MRJ70」と競合する。

 動画は1分18秒。胴体の組立から塗装を経て主翼を胴体に取り付ける「翼胴結合」、エンジンの取り付け、前脚の動作試験などの様子が収められている。

 また、E2シリーズの進捗状況をまとめた特設サイト「E2 progress report」も公開している。

関連リンク
E190-E2 Production Timelapse [1](YouTube)
E2 PROGRESS REPORT [2]
Embraer [3]
Pratt & Whitney [4]

E2関連
エンブラエル、2月25日にE190-E2ロールアウトへ [5](15年12月28日)
エンブラエル、E190-E2の基本設計審査終了 [6](14年6月25日)
エンブラエル、第2世代EジェットのエンジンにP&WのPurePower選定 [7](13年1月15日)

エンブラエル関連
ジェイエアのE170、16号機が伊丹到着 Facebookファンが出迎え [8](15年11月2日)
FDA、9号機はゴールド ウイングレット大型化で燃費改善 [9](15年3月23日)