- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

上海吉祥航空、中部-福州就航へ 上海経由で25日から

 上海吉祥航空(DKH/HO)は9月25日から、上海(浦東)経由の福州-中部(セントレア)線を開設する。1日1往復のデイリーで運航する。同社の日本就航は5都市目。

中部に就航する上海吉祥航空(同社資料から)

 運航機材はエアバスA320型機で、ビジネス8席、エコノミー150席の計158席。HO1387便は福州を午前10時10分に出発し、上海には午前11時40分に到着。上海を午後0時50分に出発し、中部には午後4時10分に到着する。折り返しのHO1388便は中部を午後5時10分に出発し、上海には午後6時40分に到着する。上海を午後8時に出発し、福州には午後9時45分に到着する。

 同社の日本路線は、上海-那覇線を週4往復、上海経由の銀川-関西線を週1往復、上海-関西線を週2往復、上海-福岡線を週1往復運航。8月6日には、上海-羽田線を週3往復で開設した。

 同社は上海を拠点とする100%民間資本のフルサービス航空会社。2006年9月に事業運営を開始した。

運航スケジュール
HO1387 福州(10:10)→上海(11:40/12:50)→中部(16:10)
HO1388 中部(17:10)→上海(18:40/20″00)→福州(21:45)

関連リンク
上海吉祥航空 [1]

上海吉祥航空、関空便増便 6月から1日3往復 [2](15年6月3日)