エアライン, 空港 — 2022年9月12日 23:56 JST

台風12号、13日も沖縄離島45便超欠航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 強い台風第12号の影響で、12日は航空各社の石垣・宮古方面の発着便を中心に130便以上が欠航するなどの影響が出た。13日も沖縄離島方面の発着便を中心に各社合わせて45便以上の欠航が決定しており、3000人以上に影響が出る見込み。一方、羽田や伊丹など沖縄離島以外からの那覇発着便は通常通りの運航となる見通し。

 気象庁によると、台風12号は12日午後11時の時点で沖縄県石垣島の北北西約60キロにあり、ほとんど停滞しているとみられる。中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速55メートルで、中心から半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。13日午前9時には、石垣島の北約150キロに到達する見込み。

12日23時の台風12号(左)と13号の経路図(気象庁のサイトから)

JALグループ

12日23時の台風12号の経路図(気象庁のサイトから)

 JALグループでは、13日はJALと沖縄を拠点とする日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、離島路線を運航する琉球エアーコミューター(RAC)の3社合計で29便が欠航し、約1738人に影響が出る見込み。JALの沖縄路線では羽田-石垣と宮古、JTAの那覇-宮古と石垣、RACの那覇-与那国、石垣-与那国などが欠航する。

 14日は、石垣・宮古・多良間・与那国を発着する便に影響が出る可能性があるとして、今後運航を判断する。

ANA

 ANAでは、13日は石垣と宮古の発着便の一部が欠航。国内線9便が欠航し、約500人に影響が出る見通し。

 14日は台風12号の影響による欠航はなく、通常運航を予定している。

スカイマーク

 スカイマーク(SKY/BC)では、13日は下地島発着の全8便が天候調査となる。

ソラシドエア

 ソラシドエア(SNJ/6J)では、13日は那覇-石垣線計2便が欠航。約160人に影響が出る見込み。

ピーチ

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)では、13日は石垣発着の4便が欠航。646人に影響が出る見込み。

ジェットスター・ジャパン

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)では、13日は成田-下地島線全2便が欠航する。

関連リンク
台風情報(気象庁)
運航の見通し(JAL)
運航の見通し(ANA)
スカイマーク
運航状況(スターフライヤー)
運航の見通し(エア・ドゥ)
ソラシド エア
新着情報(日本トランスオーシャン航空)
日本エアコミューター
運航情報(フジドリームエアラインズ)
アイベックス
オリエンタルエアブリッジ
運航情報(ピーチ・アビエーション)
ジェットスター・ジャパン
スプリング・ジャパン

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: