- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

エール・オーストラル、A220-300初号機受領 仏初導入

 仏領レユニオン島を拠点とするエール・オーストラル(REU/UU)はこのほど、同社向け初号機となるエアバスA220-300(登録記号F-OLAV)を受領した。初号機を含め3機導入予定で、残りの2機も間もなく受領する見込み。A220はフランス国内で初導入となる。

エール・オーストラルのA220-300初号機(エアバス提供)

 同社のA220-300は2クラス132席(ビジネス12席、エコノミー120席)。カナダのケベック州ミラベルにあるエアバスの最終組立工場で引き渡された。モーリシャスやセイシェル、マダガスカルなどインド洋各地のほか、南アフリカやインド路線にも投入する。

 A220は、カナダのボンバルディアが開発した小型旅客機「Cシリーズ」の新名称。Cシリーズの製造や販売を担う事業会社「CSALP」を、エアバスが2018年7月に買収したことで改めた。Cシリーズは、CS100(100-135席)と、中胴が3.7メートル長いCS300(130-160席)の2機種が開発され、CS100をA220-100、CS300をA220-300に改称した。エンジンは、低燃費・低騒音が売りとなる新型の米プラット・アンド・ホイットニー社製「PurePower PW1500G」で、従来機よりも二酸化炭素(CO2)排出量を20%、窒素酸化物(NOx)排出量は50%削減できる。

 フランス国内では、エールフランス航空(AFR/AF)も導入。同社向け初号機となるA220-300(F-HZUA)がミラベルの塗装工場からロールアウトし、9月末にはエールフランスへ引き渡される見通し(関連記事 [1])。

離陸するエール・オーストラルのA220-300初号機(エアバス提供)

関連リンク
Air Austral [2]
Airbus [3]

3機発注
エール・オーストラル、A220-300発注 [4](19年10月31日)

ロールアウトしたエールフランスのA220
エールフランスのA220初号機、新塗装でロールアウト [1](21年8月3日)

写真特集・A220-300お披露目
2席+3席でゆとりある客室 [5](18年7月15日)

中部でデモフライト
なぜA220は中部でデモフライトを実施したのか 特集・日本の100-150席市場を考える [6](19年8月14日)

デモフライトの動画
A220セントレア着陸 [7](3:53)
A220の機内 [8](0:32)
A220セントレア離陸 [9](2:24)

CシリーズからA220へ
A220ってどんな機体? 特集・エアバス機になったCシリーズ [10](18年7月11日)
エアバス、A220発表 Cシリーズを改称 [11](18年7月10日)
エアバス、Cシリーズ事業会社買収 ボンバルディアや州政府から [12](18年7月2日)