- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

エミレーツ航空、プレエコ付A380初便はロンドン 4日就航、当面無料UG

 エミレーツ航空(UAE/EK)は現地時間1月3日、プレミアムエコノミーを新設したエアバスA380型機の新仕様機をドバイ-ロンドン(ヒースロー)線に投入すると発表した。4日に就航する。エミレーツは十分な機材数がそろうまで、エコノミークラスからの無料アップグレードとしてプレエコを提供していく。

エミレーツ航空のA380に新設されたプレミアムエコノミーを紹介する客室乗務員(同社提供)

 プレエコを搭載した最初の機体(登録記号A6-EVN)は、2020年12月24日にドバイへ到着。2022年に受領する残り5機のA380もプレエコを設けた4クラス484席の新仕様になる。新仕様機最初の投入便となるロンドン線のEK003/004便は、ロンドン行きEK003便がドバイを午後2時30分に出発して、午後6時20分に着く。ドバイ行きEK004便は午後8時20分にロンドンを出発し、翌日午前7時20分に到着する。

 A380のプレエコは、メインデッキ(1階)に2-4-2席配列で56席設けた。シートピッチは最大40インチ(約101.6センチ)、シート幅は19.5インチで、個人用モニターは13.3インチ。リクライニングすると、ゆりかご型のポジションになり、体を十分に伸ばせるという。

 ビジネスクラスと同様のウッドパネルを取り入れ、6方向に調節可能なヘッドレスト、カーフレスト、フットレストを備えた。充電用コンセントを使いやすい位置に設け、広いダイニングテーブルやサイドカクテルテーブルを用意している。また、プレエコ用ラバトリー(化粧室)は3カ所設けた。

 プレエコ以外のクラスも含め、機内はアラブ首長国連邦の国樹「ガフ(ケジリ)」をモチーフとしたデザインに刷新した。プレエコは2023年に就航予定のボーイング777Xの一部にも設ける予定で、既存のA380の改修も検討している。

 エミレーツは現在、ヒースロー線を1日5往復運航しており、うち4往復はA380で運航。また、マンチェスターへ週10往復、バーミンガムとグラスゴーへは1日1往復(週7往復)ずつ運航している。

 現在世界99都市へ就航しており、1月末までに購入した航空券には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応を含めた旅行保険を無償で付与。6月末までに購入した航空券は、旅行日程の変更や航空券の有効期限を2年間延長する措置を講じている。

*プレエコの詳細はこちら [1]
*A380新仕様機の詳細はこちら [2]

エミレーツ航空のA380に新設されたプレミアムエコノミー(同社提供)

エミレーツ航空のA380に新設されたプレミアムエコノミー(同社提供)

関連リンク
エミレーツ航空 [3]
Airbus [4]

エミレーツ航空初のプレエコ
エミレーツ航空、A380にプレエコ 新仕様機に56席 [5](20年12月31日)
エミレーツ航空、A380新仕様はプレエコ付484席 シャワー室も新デザイン [2](21年1月2日)

既存仕様機
シャワーも付いてるファーストクラス 写真特集・エミレーツA380関空就航 [6](18年11月13日)

A380
エミレーツ航空、116機目のA380受領 今年初、年内あと2機 [7](20年12月8日)
エアバス、ANAにA380最終号機 今年最多の72機納入、10月実績 [8](20年11月9日)
A380最終号機の機首がトゥールーズ到着 2021年生産完了、エミレーツ向け [9](20年6月26日)
A380、2021年に生産終了へ エミレーツ航空、39機キャンセル [10](19年2月14日)