- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

世界初、上空でプラネタリウム スターフライヤー、10月に企画便

 スターフライヤー(SFJ/7G、9206)は8月27日、機内でプラネタリウム鑑賞ができる企画フライトを10月に実施すると発表した。世界初の試みで、プラネタリウムの機器6台で機内に宇宙を再現する。

機内でプラネタリウム鑑賞ができる企画フライトを実施するスターフライヤー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 小型プラネタリウム「MEGASTAR CLASS」を開発する大平技研(横浜)と共催する。10月17日午後7時に北九州を出発し、機内に再現した星のほか、機外の本物の星も観察できる。九州や四国上空を飛行し、北九州着は午後8時45分を予定する。

 1組1人から3人で参加でき、39組で最大117人を募集する。観光庁が進めている「Go To トラベル事業」の対象で、料金は1組につき6万円。8月28日午後1時から特設ページで販売する。その後スターフライヤーは同日、特設ページに想定を上回るアクセスがあったことから、申込を電話のみに変更したと発表。9月9日午後5時まで受け付け、応募多数の場合は抽選となる。抽選結果は9月10日から11日にメールで知らせる。抽選時に申込順序は一切関係ないとしている。

 出発前に北九州空港の格納庫でオープニングセレモニーを開催する。機内では、MEGASTAR CLASSを開発した大平技研の大平貴之代表が星空を解説する。このほか、機体整備に使う格納庫や客室乗務員が訓練に使用しているモックアップを社員が案内する「バックヤードツアー」や、フルフライトシミュレーターの体験付きプランも用意。いずれも追加料金が必要で、人数限定で参加できる。

申込先
ラド観光 北九州営業所
TEL:093-513-2220(9:30-12:00/13:00-18:30。土日祝休)

関連リンク
Starlight Flight produced by MEGASTAR [1]

スターフライヤー、北九州や福岡減便 9月17日まで [2](20年8月21日)
スターフライヤー、羽田-福岡9000円 冬ダイヤ早期割引運賃を25日発売 [3](20年8月21日)
スターフライヤー、羽田1タミに集約 10月から関空・山口宇部も [4](20年8月18日)

【お知らせ】
申込方法が電話のみに変更となったため、本文の一部を加筆しました。(20年8月28日 15:49 JST)