エアライン — 2019年10月10日 18:17 JST

台風19号、ANAが12日の羽田・成田国内線全便欠航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 大型で猛烈な強さの台風19号が、10月12日午後から13日にかけて東日本に上陸する可能性があることから、全日本空輸(ANA/NH)は10日午後、12日に羽田と成田両空港を発着する国内線を全便欠航すると発表した。

*最新記事はこちら(10月12日 22:50)。13日も欠航多数。

10日15時現在の台風19号の120時間経路図(気象庁のウェブサイトから)

 気象庁によると、台風19号は10日午後3時の時点で東京都父島の南西約410キロを時速20キロの速さで北へ進んでいる。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から240キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

 12日午後3時には、静岡県御前崎の南南西約200キロに達する見込み。その後は東日本から東北地方を進むおそれがあるとして、警戒を呼びかけている。

 ANAでは、12日に羽田と成田を発着する国内線全便の欠航を決定。伊丹や関西空港、中部の発着便も今後欠航する可能性があるという。羽田と成田発着の国際線も、大幅な遅延や欠航が発生する可能性がある。13日も台風の進路や公共交通機関の運行状況、機材繰りなどの影響で、欠航や遅延が発生する可能性があるとしている。

 日本航空(JAL/JL、9201)では、11日は国内線2便が欠航。成田発中部行きJL3087便と成田発伊丹行きJL3009便が欠航する。12日は国内線4便と国際線16便の計20便、13日は中部と伊丹から成田へ向かう国内線2便の欠航が決まった。12日の運航については、羽田と成田、伊丹、関空、中部は終日運航が厳しく、欠航になる可能性があるといい、11日午前中に決定する予定になっている。

 スカイマーク(SKY/BC)などそのほかの航空会社では、欠航便の決定は11日になる見通しで、各社では最新情報をウェブサイトなどで確認するよう、呼びかけている。

台風19号の最新記事
台風19号、13日も欠航700便超 羽田・成田便に影響(19年10月12日 22:50)

関連リンク
台風情報(気象庁)
運航の見通し(JAL)
運航の見通し(ANA)
スカイマーク
運航状況(スターフライヤー)
運航の見通し(エア・ドゥ)
ソラシド エア
新着情報(日本トランスオーシャン航空)
日本エアコミューター
運航情報(フジドリームエアラインズ)
アイベックス
運航情報(ピーチ・アビエーション)
ジェットスター・ジャパン
バニラエア
春秋航空日本

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: