- Aviation Wire - https://www.aviationwire.jp -

エチオピア政府、737 MAX墜落で暫定報告書公表 ボーイングにMCAS調査要求

 エチオピア政府は現地時間4月4日、エチオピア航空(ETH/ET)のET302便(ボーイング737 MAX 8、登録記号ET-AVJ)が3月10日に墜落した事故について、暫定報告書を公表した。報告書によると、パイロットの操縦は手順通りで、ボーイングに機体を制御する「MCAS(操縦特性向上システム)」に不具合が起きていなかったかを調査するよう求めた。

エチオピア航空の737 MAX 8のイメージイラスト(ボーイング提供)

 暫定報告書の公表を受け、エチオピア航空は「われわれのパイロットが、航空機で発生したもっとも困難な緊急事態に対処するため、ボーイングが推奨し、FAA(米国連邦航空局)が承認した緊急時の手順に従っていたことを明確に示した。彼らの努力と処置にもかかわらず、機首下げ状態から回復できなかったことは非常に残念」との声明を発表した。

 ボーイングのデニス・マレンバーグ会長、社長兼CEO(最高経営責任者)も声明を発表。MCASのソフトウェア改修について、「今後数週間のうちに、全世界の737 MAXに対して認証と実装を予想している」と語った。ボーイングはMCASに関する訓練や教材の拡充、パイロットがいつでもMCASを無効化できる改修を実施するとしている。

関連リンク
Boeing [1]
ボーイング・ジャパン [2]

日系企業の動向
ANA、737 MAX発注継続へ 片野坂社長「対策できれば方針変えず」 [3](19年4月1日)
737 MAX事故、スカイマーク後継機選定に影響も 佐山会長「ないわけではない」 [4](19年3月18日)
ANA、737 MAX 8日本初導入へ 最大30機 [5](19年1月29日)
日系リース会社JIA、737 MAXを10機確定発注 [6](17年8月26日)

737 MAX墜落事故
マレンバーグ会長「安全はボーイングの核心」 737 MAXソフトウェア改修へ [7](19年3月20日)
仏事故調、737 MAX墜落「明確な類似性」 エチオピア機とライオンエア機の飛行記録解析 [8](19年3月19日)
737 MAXの墜落調査、仏で開始 エチオピアが米国に不信感、ボーイングは納入停止 [9](19年3月15日)
日本も737 MAX運航停止 国交省、FAA決定受け [10](19年3月15日)
FAAも737 MAX飛行停止命令 エチオピア機墜落で [11](19年3月14日)
737 MAX、欧州で飛行停止 EASAが指示 [12](19年3月13日)
墜落のエチオピア航空737 MAX、フライトレコーダーなど回収 [13](19年3月11日)
エチオピア航空の737 MAX墜落か ナイロビ行きET302便 [14](19年3月10日)
ライオンエアの737MAX墜落、迎角センサーに異常か FAAがAD発行 [15](18年11月8日)
ライオンエアの737 MAX墜落 インドネシアLCC大手 [16](18年10月29日)

事故後キャンセル
ガルーダ、737 MAX注残キャンセルへ 49機、ボーイングと交渉 [17](19年3月24日)

類似不具合も
737 MAX、サウスウエスト航空でも類似不具合 手動操縦で回避 [18](19年3月26日)

737 MAX、376機納入
737 MAX、1年10カ月で376機納入 受注はエアバス優位、ボーイング「安全性に自信」 [19](19年3月14日)

日本への乗り入れ
737 MAX、日本に5社17路線 737-800で継続 [20](19年3月19日)

737 MAX 8初飛行
初代737から半世紀経た新型機 写真特集・737 MAX、シアトルで初飛行 [21](16年2月2日)