- Aviation Wire - http://www.aviationwire.jp -

バニラエア、成田-ホーチミン就航 日本のLCC初、台北経由

 バニラエア(VNL/JW)は9月14日、台北経由の成田-ホーチミン線を1日1往復で開設した。ホーチミンへの乗り入れは日本のLCCでは初めて。新路線開設で、台北の第2拠点化を加速させる。

成田空港の搭乗口に並ぶ台北経由ホーチミン行きJW105便の乗客=16年9月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ホーチミンはバニラにとって9番目の就航地。1日4往復ある既存の成田-台北(桃園)線のうち、1往復をホーチミンまで延伸した。台北からの以遠権を活用した路線で、台北では一旦降機し、保安検査を受けて再搭乗する。出入国手続きや受託手荷物の預け直しは必要ないが、乗り継ぎエリアから外出はできない。

 機材はエアバスA320型機(1クラス180席)で、成田からホーチミンまでのうち、台北-ホーチミン間のみの利用もできる。バニラは台北の第2拠点化を進めており、14日は那覇-台北(桃園)線も1日1往復で就航させた。

 運航スケジュールは曜日により異なる。運航初日となる水曜の場合、ホーチミン行きJW105便は成田を午後5時40分に出発し、台北着は午後8時35分。午後9時50分に台北を出発し、翌日午前0時30分に到着する。翌木曜の成田行きJW102便は、ホーチミンを午前1時35分に出発し、午前6時10分に台北へ到着する。台北発は午前7時25分で、午前11時40分に到着する。

 バニラの石井知祥会長は、「初便は9割くらいが台北で降りる方で、1割がホーチミンに行かれる方。これからは台北を経由してホーチミンへ、台北経由で日本を訪れる人が増えるようにしていきたい」と意欲を示した。現在の台湾路線の乗客比率は、台湾発が8割だという。

 成田発初便のJW105便には、バニラのA320ではもっとも新しい9号機(登録番号JA09VA)が投入され、成田を午後5時59分に乗客172人と乗員6人を乗せて出発した。このうちホーチミンに向かうのは14人。台北からは152人が搭乗し、計166人がホーチミンに向かう予定。

 国内線は成田から札幌と奄美大島、那覇の3路線を運航。国際線は成田から台北と香港、高雄のほか、関西と那覇からも台北に乗り入れ、ホーチミン便を含め計6路線を運航する。

運航スケジュール
成田→ホーチミン
JW105 成田(17:50)→台北(20:45/21:50)→ホーチミン(翌日00:30)運航日:月木金
JW105 成田(17:55)→台北(20:50/21:50)→ホーチミン(翌日00:30)運航日:火日
JW105 成田(17:40)→台北(20:35/21:50)→ホーチミン(翌日00:30)運航日:水土

ホーチミン→成田
JW102 ホーチミン(01:35)→台北(06:10/07:15)→成田(11:30)運航日:月水土日
JW102 ホーチミン(01:35)→台北(06:10/07:30)→成田(11:30)運航日:火
JW102 ホーチミン(01:35)→台北(06:10/07:25)→成田(11:30)運航日:木金

成田空港で客室乗務員とともに台北経由ホーチミン線をピーアールするバニラエアの石井会長=16年9月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

成田空港のチェックインカウンターに並ぶ台北経由ホーチミン行きJW105便の乗客=16年9月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

成田空港のチェックインカウンターに並ぶ台北経由ホーチミン行きJW105便の乗客=16年9月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

成田空港で台北経由ホーチミン線の乗客とハイタッチするバニラエアの石井会長=16年9月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
バニラ・エア [1]

バニラエア、成田-セブ12月就航へ [2](16年9月13日)
バニラエア、成田-ホーチミン9月就航 台北経由 [3](16年7月13日)
「16年度下期は2路線新設」特集・五島社長に聞く黒字化後のバニラエア [4](16年6月14日)
バニラエア、那覇-台北9月就航 第2拠点化推進 [5](16年5月25日)