官公庁, 機体 — 2016年7月3日 23:50 JST

国産最大の航空機、空自へ 写真特集・川崎重工C-2量産初号機

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 1973年以来、43年ぶりの新型国産輸送機が防衛省へ納入された。6月30日、川崎重工業(7012)は航空自衛隊向け輸送機C-2の量産初号機(機体番号68-1203)を、岐阜工場南工場で防衛省に引き渡した。国産の航空機では最大となる。

国産航空機では最大となる航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 現行の輸送機C-1は、量産初号機が1973年に引き渡された。C-2はC-1の後継機で、機体全体の約7割が国産。全長43.9メートル、全幅44.4メートル、全高14.2メートルで、最大積載量はC-1の約3.8倍となる約30トン、最大離陸重量は同3.1倍の141トンとなった。

 高さ4メートルの貨物室を確保するため、胴体上に主翼を乗せる高翼構造を採用。胴体後部に車両や中型ヘリコプターのUH-60Jなどを搭降載する大型ドアを設けるため、水平尾翼を垂直尾翼上部に乗せたT字翼とした。

 航続距離は、12トン搭載時でハワイまで飛べる約6500キロで、2.6トン搭載時に1700キロだったC-1よりも大幅に伸びた。胴体前方上部には、フライングブーム型の空中受油装置を設けており、航続距離を伸ばすことができる。

 エンジンは民間機のボーイング767型機と同じ米GE製CF6-80C2を2基搭載。スラストリバーサーを用いた自力後進にも対応する。

 C-2は川崎重工のほか、国内重工各社が製造に参画。川崎重工は前胴と中胴、水平尾翼、最終組立を、三菱重工業(7011)は後胴とカーゴ扉、エアデフレクタを、富士重工業(7270)は外翼と中央翼、垂直尾翼、エンジンパイロンを、日本飛行機はランプ扉とバルジ、翼胴フェアリングを担当している。

 防衛省はC-2を2016年度は初号機を含めて3機、2017年度に2機、2018年度に3機の計8機を受領予定。2018年度までの中期防衛力整備計画では、10機体制を計画している。

*写真は30枚。

国産航空機では最大となる航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

航空自衛隊に納入されたC-2輸送機の量産初号機=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

C-2量産初号機の前部胴体=16年6月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。