- Aviation Wire - http://www.aviationwire.jp -

JAL、ニコニコ超会議に出展 「超ネ申ヒコーキ」でホロレンズ体験

 日本航空(JAL/JL、9201)は、4月29日から30日まで幕張メッセで開かれているイベント「ニコニコ超会議2016」に、「超ネ申ヒコーキ Operated by JAL」と題したブースを出展している。会場には、日本初となるマイクロソフトの新型ホログラフィックコンピューター「HoloLens(ホロレンズ)」を使った訓練システムの体験コーナーや、紙飛行機を飛ばして航空券が当たるコーナーなどが設けられている。

2台のタラップ車を持ち込んだJALの「超ネ申ヒコーキ」ブースで紙飛行機を手にするパイロットと客室乗務員=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ホロレンズを使ったJALのパイロット向けトレーニングツール=16年4月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JALは昨年のニコニコ超会議に初参加。会場にタラップ車を持ち込んで紙飛行機を飛ばすコーナーなどが好評だった。2回目となる今回はタラップ車を2台に増やし、羽田と成田から持ち込んだ。

 来場者に滑走路に見立てたエリア内の的に向け、飛ばしてもらう。紙飛行機を2日間で2万セット用意しているが、JALによると想定よりも速いペースで来場者が訪れているという。

 ホロレンズを活用した訓練システムは、パイロットと整備士が使用することを想定したもので、今後検証と開発を進め、将来的な実用化を目指す。2日間で約90人限定で体験でき、開発に携わるパイロットらが参加者に仕組みを説明している(関連記事 [1])。

 また、昨年まで運用してたボーイング767型機用の米プラット&ホイットニー製エンジン「JT9D-7R4D」を展示。JALがエンジンの実物を、格納庫や整備工場の外で開かれるイベントに持ち込むのは初めて。エンジンを前に整備士が説明する。

ニコニコ超会議2016でファーストクラスのシートを紹介するJALの客室乗務員=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ブース内では、フライトシミュレーターや制服体験コーナーが設けられ、パイロットの制帽を被った共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」のキャラクターも会場に鎮座している。フライトシミュレーターは人数限定で体験できる。

 国際線のファーストクラスとビジネスクラスのシートも展示。両クラスとも2席ずつ用意した。

 また、客室乗務員有志によるチアダンスチーム「JAL JETS(ジャルジェッツ)」が、会場の様子を生放送する「超ニコラジ」に29日はだいたい午後1時30分から、30日は午前11時ごろから出演。ダンスを披露する(関連記事 [2])。

 JALではニコニコ超会議を通じて、飛行機や航空会社に興味を持って欲しいという。

 ニコニコ超会議の開催時間は、29日は午前10時から午後6時まで、30日は午前10時から午後5時まで。29日正午現在、会場はかなり混雑している。

ニコニコ超会議2016のJALブースに設置されたパイロットと整備士が訓練に使用することを想定した「ホロレンズ」の体験コーナー=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ニコニコ超会議2016のJALブースに展示されている767に搭載されていたエンジンJT9D=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ニコニコ超会議2016のJALブースに展示されている767に搭載されていたエンジンJT9D(手前)とポンタ=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

的に当たると航空券などがプレゼントされるニコニコ超会議2016のJALブース=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

的に当たると航空券などがプレゼントされるニコニコ超会議2016のJALブース=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

2台のタラップ車を持ち込んだJALの「超ネ申ヒコーキ」ブースで紙飛行機を飛ばすパイロットと客室乗務員=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ポンタの横には制服を試着して記念撮影するコーナーも=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ニコニコ超会議2016のJALブースに設置されたフライトシミュレーター=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ニコニコ超会議2016のJALブースに設置されたファーストクラス(奥)とビジネスクラスのシート=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ニコニコ超会議2016でファーストクラスのシートを紹介するJALの客室乗務員=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ニコニコ超会議2016でビジネスクラスのシートを紹介するJALの客室乗務員=16年4月29日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
超ネ申ヒコーキ Operated by JAL [3]
ニコニコ超会議2016 [4]
Microsoft HoloLens [5]
日本航空 [6]

「JALを好きになってもらいたい」CAと岡本さん、ニコ超で「Calc.」踊ってみた [7](16年5月3日)
JAL社員とCA、ニコニコ超会議でキレッキレのダンスを踊ってみた [2](16年4月30日)
JAL、MS「ホロレンズ」でパイロット訓練 737の操縦室再現 [1](16年4月19日)
チアダンス練習は客室モックアップで JALのCA有志「JAL JETS」、大会再出場へ [8](15年2月15日)
12時間半乗っても疲れない 特集・JAL国際線ファーストで行くパリ(3) [9](15年7月27日)