エアライン — 2016年3月25日 20:05 JST

JAL、国内線でドリップコーヒー 4月から

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は3月25日、国内線で提供するコーヒーをドリップ式に切り替えると発表した。

国内線で提供するドリップコーヒー(JAL提供)

 使用するコーヒー豆はコロンビア産70%、ブラジル産30%のアラビカ種。自然資源の保護活動を展開するニューヨークのNPO(非営利団体)、「レインフォレスト・アライアンス」が認証した農園で栽培されたものを使用する。

 すでにファーストクラスではドリップ式でコーヒーを提供しており、クラスJと普通席にも拡大する。

 4月1日からボーイング777-200型機の一部と777-300で、4月11日から737-800で提供を開始する。今後、エンブラエル170型機(E170)とE190での提供を予定している。767-300と767-300ERの全便と、777-200の一部では機内設備などの都合により、従来通りの「ソリュブリュコーヒー」を提供する。

 ソリュブリュコーヒーとは、粉砕したコーヒー豆をコーヒーの抽出液と混ぜて乾燥させたもの。お湯を注いで提供する。

関連リンク
日本航空

JAL関連
和食と洋食どっち? JAL、ビジネスクラス機内食の事前予約(16年3月25日)
JAL、サクララウンジでカレー終日提供 羽田・成田で(16年3月23日)
JAL、国内4空港で手荷物タグセルフ化 26日以降順次導入(16年3月18日)

他社が提供するコーヒー
キャセイ、上級クラスでイリーのコーヒー 香港ドラゴン航空でも(15年3月17日)
春秋航空日本、イタリアのコーヒー機内販売(14年7月18日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post