エアライン, 機体 — 2016年3月18日 11:05 JST

天草エアラインの初代みぞか号、売却先へ 天草からラストフライト

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 2000年3月23日の就航から16年間、天草エアライン(AHX/MZ)唯一の機材として2月19日まで飛び続けた初代「みぞか号」(ボンバルディアDHC-8-103、登録番号JA81AM)が、3月18日午後1時に天草空港を出発する。

福岡から天草へ到着した初代みぞか号の最終便=16年2月19日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 初代みぞか号は2月19日の福岡発天草行きMZ108便を最後に退役。20日からは、2代目のみぞか号(ATR42-600型機、登録番号JA01AM)にバトンタッチした。退役後も整備などのため天草空港に駐機されていたが、18日に天草を出発することになった。

 初代の売却先は、ATR42のリース会社であるデンマークのノルディック・アビエーション・キャピタル(NAC)。天草エアラインによると、18日は天草から鹿児島空港へ向かう。

 天草エアラインでは17日の昼休みを利用し、社員が初代と記念撮影。16年間飛び続けた機体と別れを惜しんだ。同機の総飛行距離は約1250万キロメートルで、地球を約310周まわったことになる。39人乗りの機体が運んだ乗客は、約120万人にのぼった。

*鹿児島空港の記事はこちら

関連リンク
天草エアライン Facebookページ
天草エアライン
天草空港

フェリーフライトで鹿児島着
天草エアラインの初代みぞか号、鹿児島到着 海外へ(16年3月18日)

写真特集・天草エアみぞか号、初代から2代目へ(全3回)
(1)「リクライニングもできず、心苦しかった」(16年2月27日、初代編)
(2)「あっという間に行っちゃった」(16年3月6日、2代目編)
(3) 新制服はちょっと派手?!(16年3月15日、新制服編)

初代みぞか号退役
天草エアライン、たった1機のみぞか号退役 16年で地球310周分飛ぶ(16年2月19日)
2代目みぞか号就航
天草エアライン、2代目みぞか号就航 新制服も導入(16年2月20日)

2代目みぞか号が天草到着
天草エアライン、新造機ATR42が天草到着 放水アーチで歓迎(16年1月7日)
写真特集・天草エア2代目みぞか号地元入り
・前編 翼振って天草到着(16年1月11日)
・後編 CAもモップ手に機体清掃(16年1月13日)

写真特集・天草エアラインATR42 2代目「みぞか号」
・機体編 親子イルカ塗装を踏襲(15年10月4日)
・機内編 客室前方は対面シート(15年10月4日)

2代目みぞか号が熊本到着
天草エアライン、ATR42「Newみぞか号」公開 国内初導入(15年9月29日)
天草エアライン、日本初のATR機が熊本到着 ファンサービスも(15年8月21日)